スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目止め途中経過。 

R2Hobbiesで購入したSRD-01用カーボンシャーシの目止め処理ですが途中経過を報告。

目止め処理中。

イイ感じにテカってきました(*´Д`)
瞬間接着剤で目止めした部分を磨くとこうなります。
私はいつも職場にある3M製ラッピングフィルムで磨いて仕上げてます。

3M製ラッピングフィルム

黄緑が600番、ピンクが4000番になります。
黄緑で荒削りをして面を出し、ピンクで艶を出す感じで磨くと簡単に画像のようにテカテカになります。
特にダンパーステーは断面が上に向いて目立つ部分なのでしっかり磨きこむとカッコイイですよ。
黄緑は他の同番手の紙やすりでも代用出来ますが、4000番のピンクは他に代用品が無いと思います。楽天で少量でも購入出来るので気になる方は要チェック!

目止め。 

先日よりボチボチとSRD-01用コンバキットのカーボンパーツの目止めに取り掛かってます。



人によってはドリフトに目止めは不要という方も居るようですが、目止めして綺麗に磨き上げたカーボンパーツは思わずうっとりする程なので俺は頑張って目止めしてます。
目止めしないと端面を触った時に手が汚れるのもありますがね。



目止めに使用しているのは100均で買った瞬間接着剤。ゼリー状ではなく普通の液状のものです。
これをカーボンパーツの端面に塗り付け、しっかり乾かします。端面に染み込ませるような感じであまり塗り付けすぎないのがコツ。塗り付けすぎるとなかなか乾かず周りが白く変色する事も。
乾かす際には洗濯バサミで挟んで立てると簡単です。



今回は瞬間接着剤を2回重ねておきました。
この調子で他のパーツも目止めしていきます。



乾燥は1日ほどしっかり行いましょう。表面が乾いていても中の方まではなかなか乾きません。半乾きのまま袋に入れて保管したりすると余計に白く変色しやすくなるので気をつけましょう。

乾けば磨くだけ。
磨きについてはまた後日。

SRD-01コンバキットの詳細。 

ちょっと放置気味で申し訳ないですが色々とバタバタしててネタはあるのに更新できてませんでした(;´∀`)
て事で頑張って更新していきます。

で、今回は先日届いたSRD-01(MS-01D)用コンバキットの詳細を記事にしてみたいと思います。
内容物は先日の記事でもうpした下記の画像の通り。

SRD-01カーボンコンバキット。

ロアデッキに前後アッパーデッキ、それに前後カーボンダンパーステーとアルミモーターバルク。
カーボンの質感についてはクリア層も綺麗でカットも問題ない・・・と思いましたが肉抜き部分の細い部分で若干仕上がりが雑な部分がありました。

雑な部分が・・・

ここは瞬着流した後にしっかり磨いておこうと思います。
また残念なことにモーターバルクの一部分にアルマイトの剥がれがありました(´・ω・`)

アルマイトの剥がれが・・・

当初はR2Hobbiesにクレーム入れようかと思いましたが面倒なのでこのまま組もうと思います。幸い内側で目立たないので見なかった事にします。
それと最後にこのパーツ。何に使うのか解りません。説明書も付属されていないので何処に使うのやら・・・。

なんだこれ?

と色々ありますがコレもチャイナリスクと思い前向きにいこうと思います。
とりあえず目止めしなきゃ。

メインシャフトマウントサポーティングバー。 

一昨日のメンテ時にSRD-01に新たなOPを投入してみました。
そのOPは「メインシャフトマウントサポーティングバー」。名前は長いですが要はモーターバルクヘッドの間に入れるつっかえ棒みたいなものでセンターシャフトの負担を軽減するものです。

取付は簡単でモーターマウントの間に入れ、ビス止めするだけ。
モーターマウントにも元々穴が開けてあるのでボルトオンです。

メインシャフトマウントサポーティングバー

しかしピニオンの大きさに依ってはベルトに干渉しちゃうので今回はモータープレートの取付ビスを外し、そこに取り付けました。本来の取付位置はその上側にある穴になります。

これを装着したお陰で樹脂製モーターマウントですがブレも幾分軽減された感じです。
それまでは横方向に動き、センターシャフトのベアリングへの負担も大きく、実際ダメージを受けてるようで音がするようになっちゃいましたからね(;^ω^)

しかしカーボンシャーシが気になるなぁ・・・まだポチってませんが(;´Д`)

カーボンコンバキット出現。 

以前からOTA-R31のクローンシャーシ「TEH-R31」やOTA-R31のカーボンコンバキットを販売している海外通販サイト「R2hobbies.com」がSRD-01の前身であるMS-01D用としてカーボンコンバキットを販売開始したと聞きつけチェックしてみました。

MS-01D用コンバキット

MS-01D用コンバキット。

構成は2.5mm厚のカーボン製ロアデッキとアッパーデッキ。それにカーボン製ダンパーステーとアルミ製センターバルクヘッドと取付ネジが同梱されているようです。
キット標準ではセンターバルクヘッドは樹脂製でセンターシャフトの支持に不安があったのでココをアルミにするだけでも駆動がスムーズになりそうな感じ。

カーボンシャーシは見た目にも精悍な感じで挙動もカチっとしたシャープな動きになると予想。
ただ樹脂製シャーシの柔軟さも捨てがたいように思えたり。
気になる値段が日本円で送料込み7000円程。この値段なら買ってしまいそうです(;´Д`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。