スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備予選全員通過だって。 

2月14日に開催されるオートメッセ内で行われるタミグラ。
申込みもして予備予選通過を願うばかり。

で、今日気になったのでタミヤTRFのサイトを見ると・・・ありました。
なんと今回申し込んだ人が全員予選通過だって(w
※詳細はこちらからどうぞ。

これ見るとストチャレD2への申込みが31人。
えらい不人気なようで・・・まぁその分上位入賞しやすいかも?(;^ω^)
頑張ってボディとシャーシを仕上げなきゃ。

さ、後は嫁予選を残すのみ。
こっちの方が難関かも?ま、何とかなるだろうけども。

タミグラ。 

2月に南港インテックス大阪でタミグラのストチャレD2が開催されるようで。

シャーシもタミヤ製1/10ツーリングならOKとの事で参戦出来そう。

という事で夜中に手持ちのタミヤシャーシをチェック。

TA03F…使用パーツが全てタミヤ製なのでメカ類さえ積めばイケそう。ただダンパーが分身TA05に持って行かれてるので取り戻さないと。

TRF414M…ケツカキ仕様に変更している為、プーリーを元に戻す必要があるがメカ類はアンプ交換するだけでOK。

比較するとTRF414Mの方がセッティング幅が広いから楽そう。でもTA03FはOPで前後差2枚のケツカキ仕様のまま参戦可能。うーん悩ましい。

で、シャーシをどっちに絞るか考えてるうちにボディもタミヤ製じゃなきゃ駄目な事に気付く。
手持ちのタミヤボディ…EG6とBMW320siがあるわ。じゃBMW320iを載せるか。
てな訳でボディをシャーシに載せてみるとTA03Fにはフロントノーズが短いためタイヤハウスがズレてしまい駄目。TRF414Mはフロントのボディポスト穴を空ければ使えそう。

と言う訳から使用シャーシはTRF414Mで決定。まさかボディが決め手になるとは(w

そこからTRF414Mのプーリーを元に戻す作業に。しかし整備性が悪いシャーシだわコレ。元に戻すまでに1時間掛かったし。

で、まだ眠気も無かったのでBMW320siボディの製作にも着手。フロントのボディポスト穴を空け、カット。カット時に1箇所ミスというか破れてしまい凹むが気にしない事に。てかこのボディ、厚いトコと薄いトコの差が激し過ぎ。タミヤ製ボディでコレとは不良品といえそう。ま、タミグラの為だけに作るんだし文句言っても仕方ないか。

カット後窓を2枚マスキングしたトコで睡魔がやってきたので作業終了。時間は4時。2時間は寝れるか…。


あ、180SXを忘れてるわ orz
てか予備予選も通過してないのに何このテンションwww

タミグラ in オートメッセの申込みが開始 

また今年も行われるようです。
タミヤグランプリ in オートメッセ

昨年2月に行われた際には分身TA05を使って参戦
結果は散々でしたが楽しかったので今年も参戦したいのですが・・・ドリフト走行をするストチャレD2は開催日が2月14日の土曜日。土曜は大抵嫁が仕事で俺が子守をしなきゃならないんで参戦出来ない可能性大 Σ(゚д゚lll)ガーン
嫁の仕事の都合が付く様なら申し込む事とします。

しかし、いざ参戦となったら参加出来るシャーシが無いんだよね・・・。
既に分身TA05はドナドナしたし、TA05フラップコンバ・ドリパケ・ジェネティックは論外。
TT-01があるけどOP200を使ったフロントワンウェイはNGだし・・・。
あ、TA03Fがあるわ。これで参戦ってのも案外アリかも?(w
ただ気になるのがベルトプーリーがタミヤ製かどうか解らないんだよね。
前後で違う歯数のプーリーになってるんだけど・・・どうなんだろ。

TA03Fで参戦できるとなれば面白いんだけどなぁ。
タイヤを替えてボディを作れば良いだけだし。
あ、でもバッテリーが無いわ・・・前回はSNS参加者から借りたし・・・。

今回も誰かバッテリー貸してください(ぉ

タミグラオートメッセ結果(その3) 

で期待の予選3ヒート。
タイム的にはグダグダでもアツイ走りでハイパフォーマンス賞を狙いに定める。

今回は最前列スタートなのでスタートを遅らせる訳にもいかず合図と同時にスタート。
3ヒートともなるとコースにも慣れてきて、そこそこ走れるようになってきた。
殆どのコーナーを繋いでいく事が出来るようになったり、1コーナーへの侵入も早くから横を向けて侵入し2コーナーへ繋げる事も出来た。
ただ途中何度か接触やミスもあったが満足のいく走りが出来た。
これならハイパフォーマンス賞逝ったか!?と期待するも・・・駄目 orz
自分的にはカナリ自信があっただけに単純に悔しかった。
タイムを無視してまでストレートで3回振りまでしたのに・・・だ。
30分ぐらい立ち直れなかったよマヂで。

ともあれ予選がこれで終了。
結果は・・・マー坊さん61位。俺63位  Σ(´`lll)
まぁハイパフォーマンス賞狙いだったし仕方ないか・・・他の参加者は普通にタイム狙いだったしね。

てかタイム狙いの人達はあのスーパードリフトタイヤでグリップ走行しちゃうんだもん。
ドリフトらしい走りは1コーナーへの侵入と他数箇所のみでインフィールドなんかはスライドも無しに普通に走っていたしね。
でも普段ツーリングしてるからかライン取りは完璧でその為かタイム的にはドリフト走行よりも全然速くタイムアタックの今大会には正しい走り方なのだろう。

でもね、俺的には駄目なんです。
やっぱドリフトなんですもん。ギャラリーもソレを期待してるんです。
コーナー手前から横を向いてクリップをナメながら立ち上がりアウト一杯まで使ってのドリフト。
コレを今まで目標に頑張ってたんですから。そんな走りしか出来ないんです。

と、言い訳はさておき。
決勝はなんと全員参加との事。
下から数えた方が早い俺らも無事決勝に。
見てみれば・・・Gメイン(w
マー坊さんも仲良くGメイン。これまた動画は撮影できず・・・。

決勝は今までのタイムアタックとは違い、制限時間内で走った順位を競う形式。
スターティンググリッドはマー坊さんが1番。俺が3番。
スタートと同時に俺・マー坊さん・2番の人と1コーナーに突入。
クラッシュこそ無かったが混戦状態。
そんな中俺は3位となり、マー坊さんが1位、2番が2位で追い掛ける展開。
途中マー坊さんがミスして2位浮上。2番と競り合うも抜けるか?と思いきや抜けない状況。
だがレース終盤。俺が最終コーナーでミスってディッシュパイロンに乗り上げカメ状態・・・(・ー・)オワッタナ・・・

結局俺は多分最下位。マー坊さんは2位か3位だったはず。

その後のAメイン決勝。ちょっと動画撮影してみた。
上位に来るマシンは・・・やっぱりグリップ走行。逆に感心する。
妙にクイックな挙動でグリップ走行するから同じタイヤなのか?と思う程。

で表彰式があって抽選会。
もうコレに掛けるしかない・・・と願いを込めるも箸にも棒にもかからず orz
下を向いて帰路に就いた(´;ω;`)ウッ…


感想。
ドリフトタイヤを使ってのレースでタイムアタックってどうなの?と思った。
タミグラ自体はとても楽しめた。こーいう大会に参加して競うのもアリかな?
次参戦するなら・・・Mシャーシかな?てかカツカツするのはヤだし身内レースでいいや。

てな訳で暖かくなったら誰か一緒にチキチキしませう。



最後にバッテリーを貸して頂いたクンタキンテさんに感謝m(_ _)m

タミグラオートメッセ結果(その2) 

さてさて。

仲間と同じ組で走る事になったので潰し合わないようしなきゃと言うものの、それ以前に思うように走らないのでセッティングを見直す事に。

まずはリアのアッパーアーム。
これを短い物に交換し、バルクヘッド側の取付位置を真ん中に変更。
キャンバー変化を起こしコーナー立ち上がりのリアのトラクションを稼ぐのが狙いだ。
それから出走に備え、バッテリーに追い充電。
充電中。

先日紹介したストレートパックを2本直列にして電源にしている。
ちゃんと充電できていて一安心。
他の人はどうしてるのかな・・・と隣を見ると何やら大きなカバンの中に手を入れゴソゴソ・・・どうやら自動車用バッテリーがカバンの中に入っている様子。
持ち込み禁止なのにそこまでしたいのかね・・・( ゚Д゚)ポカーン

他に気になったのがタイヤウォーマーを使ってる人が結構居たのに驚いた。
今回の指定タイヤはスーパードリフトタイヤ。いわゆるポリ管ですよ?
暖めるとグリップするのかね???
少し前に2ちゃんのタミグラスレで話が上がってたけどネタかと思ってただけに衝撃だった。
当然ながら俺にはそんな装備もなくただ( ゚Д゚)ポカーンとするのみ。

そんなこんなで先に走っていたタムギアの予選1ヒートが終了。
ストチャレDの予選1ヒートが始まった。
まずは様子見と他の選手の走りをチェック。
すると1ヒート目と言う事もあるのかフラフラ走る人もチラホラ。
しかしレース自体がタイムアタックなので無駄にドリフトするような人は少なく、なるべく滑らせないような感じで走らせてる人が多かった。

( ´_ゝ`)フーン と思いながらもいつの間にか自分たちの番に。
ポンダーを取り付け、コースイン。お立ち台へ上がる。
・・・なんだか緊張してきた・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
緊張が解けぬままスタート。1コーナー侵入・・・アウト側へ接触(ノД`)
その後グダグダな感じでただただ走るのみ。気が付けば終わっていた。
駄目だコリャ・・・orz

気落ちしてる間もなくコースマーシャルに付く。
だが落ち込んだ気持ちは晴れることなく・・・(´・ω・`)

で予選1ヒート終了。
現時点では・・・70数名中52位(゜∀。)
マー坊さんは54位。こちらもイマイチだったようだ。

ここで二人とも再度セッティングを見直す。
まずはサスをフロント・黄色、リア・赤に変更。
車高をフロント7ミリ、リア7.5ミリに。
キャンバーもフロント-5度、リア-6度に変更してみた。

ちょうど昼休みでコースの端っこを使って調整確認が出来たので軽く走らせてみた。
・・・・トリムが合ってませんでしたwwwwそりゃフラつくってぇの。
サクっとトリム調整し走らせてみる。うん、さっきより良い感じ。これならもうちょっとマシに走れるかな?

そんなこんなで予選2ヒート目突入。
すると進行の方が「2ヒートからはドリフト走行が素晴らしい人にはハイパフォーマンス賞として決勝終了後にデモ走行してもらうのと商品としてボディをプレゼントします」とのアナウンス。
コレを聞いた俺&マー坊さんはもはや上位入賞は無理と判断し、ドリフトパフォーマンスに狙いを定める(w

で俺らの番。
今回は後列スタートだったのでマー坊さんと話を合わせスタートを遅らせる事に。
タイム重視の走りではなく、お得意のアングル重視のドリフトで頑張ってみた。
1ヒートよりも緊張せずに走れたが、それでもまだコースに慣れきってない為、思うように走れない。
だが終盤になるにつれ段々走れるようになり、最後の方には実況でゼッケンを読まれイイ感じに見て貰えたようだ。
で終了後。ハイパフォーマンス賞の発表があるので期待して待ってると保留との事。
どうやら甲乙決めがたいようで3ヒートに持ち越すとの事。



まだまだ続くよん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。