スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTウイングの効果。 

先日8日の土曜もいつも通り大阪某所での闇練でした。



この日はいつも使っていたイチサンシルビアをNATSアリストのステッカーを貼ってリメイクして走行。
ただ今回のリメイクにあたり、GTウイングを追加してみました。



GTウイングは今回見た目で装着を決めたのですが、これが実際走行してみると違うんですよね。先週の走行から何もセッティング変更していないのにリアの流れかたが控え目でスロットルオフでの巻き込みも緩やか。リアのトラクションが良くなってるのでしょうか?先週のようなキビキビした動きが出来ません。

そこでGTウイングを外して走行してみる事に。
GTウイングは様子見のために両面テープで固定してたんでバリっと剥がしてすぐさまコースに戻って走行を再開してみたところ、ほぼ先週と同じ感覚になりました。
やはりGTウイングの効果はあるようです。

このGTウイングの効果は何が要因とは断言出来ないでしょうが、個人的にはウエイト的な要素と翼端板によるスライド時の抵抗なんじゃないかな?と思ってたり。

今回の走行場所では小さめのコース設営なもんでGTウイングが無い方が良かったですが、広く路面がシュルシュルな場面ではGTウイングがある方がイイかもしれませんね。セッティングパーツのひとつとして考える事も出来そう。今までウイングレス派でしたがちょっと見直しました(;^ω^)

あ、今回もプチドリミを行いましたが結果は奮わずイマイチ。タイヤの美味しい時期が過ぎてしまい今一つコントロールしきれませんでした(´・ω・`)

もっと練習しなきゃ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/994-be2cc838

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。