スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRD-01組み立て編 その3 

昨夜もうっかりビール2本飲んでしまい心地良く子供たちと朝まで寝てしまったのでSRD-01の組立作業は出来てませんが、おとついの作業内容を公開。

今回はデフ関連。
まずはベルトガイドプーリーから製作。
構造的には分割されたプーリーの中にベアリングを組み込んで接着剤で接合するんですが、これだとベアリング交換できないですよね・・・。

組立式ベルトガイドプーリー。

ま、早々駄目になる場所でもないので気にしないことにします。
ちなみにこの部分はテンショナー機構は無く、ただバッテリースペースを確保するためのガイド役にしかありません。テンショナーとして使うには台座下にスペーサーでも入れるしかないかな?

次にフロントのボールデフの組み立て。
その前に説明書をじっくり読みますが・・・グリス使用の注意書きがありません。
一応キットには黒いグリスらしきものは同梱されていましたが・・・。

謎のグリス。

このグリス、開封せずに触った感じでは結構柔らかくタミヤのAWグリスのようにユニバやスラストメタルに使うには無理が有るような印象。そこで今回このグリスは使わず、スラストメタルにはタミヤのAWグリスを使用。

スラストメタルにはAWグリス。

ちなみにスラストメタルも説明書では一体構造のようになっていましたが、実物は3分割式。まだボール部分がバラバラになっていないだけ組み立て易いですが。この間にAWグリスをしっかり塗りこみ、デフスプリングはペンチで潰してから組み込んでいきます。

通常、ボールデフ内にはベアリングを組み込みますが、SRD-01ではプラメタルが指定・・・。

デフ内部にプラメタル・・・。

サイズ的には850ベアリングなのでベアリングに交換しておきたいところですが、どーせフロントワンウェイが発売されればすぐに交換するつもりなのでプラメタルで組み立てました。

デフプレートとデフボールにはボールデフグリスを塗る必要がありますが、これまた付属のグリスでは駄目だと判断しタミヤのボールデフグリスを塗って組み立て。ただ先行してインプレされてるまりんはまかぜさんのブログよりボールデフからグリスが飛散するとの話からボールデフグリスは控えめにしておきました。

でボールデフ完成。

ボールデフ完成。

画像を見れば解るかもしれませんが、デフの横幅が大きく、TA05のデフは流用できそうにありません。SPICEさんからオプションパーツとして販売されるのを待つしか無いようです。

続いてリアデフを組立。
リアデフはソリッドデフで左右一体型のデフジョイントにデフサポートとプーリーを通して固定する方式。ただデフジョイントも樹脂製でデフを支えるベアリングがデフジョイントの切れ込み部分のすぐそばに固定されるので強度的にちょっと心配。特に俺はブレーキを多用するスタイルなので無理しないようにしなきゃ。
うっかり画像を撮り忘れたのでまた今度画像をうpしたいと思います。

その後はアッパーアームを組み立てたりして仮にデフをシャーシに搭載して終了としました。

今回はここまで。

次の作業でベルトを張り、他の細かい部分を組んでいこうと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/936-4226b1a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。