スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブル変更。 

ホイルポジション変更後、スクドリコンバのアンプが時々電源が落ちる症状が出ており先日の「みんドリ」の際にも発生し嫌気が刺したので原因究明を行う事に。

で、予てからバッテリーへのヨーロピアンコネクタの差し込み具合が緩くなっていたので、ひとまずコレを交換してみる事に。折角なのでアンプのケーブルも一緒に交換してみました。

ケーブル交換後。

モーターへのケーブルが1本ちょっと長いですね(;^ω^)
暇を見て直すとします。

今回イーグル製ヨーロピアンコネクタを使用しましたが、ややバッテリーとのハメ合いが固く、抜く際にバッテリー側のヨーロピアンコネクタが浮き出てきちゃいます(;^ω^)
念の為、バッテリーケースを開いて内部の構造を確認してみた所、ヨーロピアンコネクタが浮いてきても「ただちに」影響が出るような事はなさそうで一安心。ま、そのうち馴染んで良い感じになるでしょ。

しかしケーブル交換後、何故かモーターが停止から回り初めのごく低い回転の際にギクシャクするようになっちゃいました(´・ω・`)
センサーケーブルがちゃんと刺さってないのかと思いチェックしても問題なし。
むしろセンサーケーブルが刺さってない方がスムーズに回るという・・・(;^ω^)
モーターのセンサー部分が逝ったかアンプ側が逝ったか?半田の際に熱を加えすぎたのでしょうか・・・。

やっぱアンプ買い替えなきゃ駄目なのかも orz

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/920-47d6c9fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。