スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEROで最終調整。 

先日5月7日の土曜日は夜から小雨が降っていた事もあり、D-STAGE ZEROに行って「みんドリ」前の最終調整をしてきました。
ま、最終調整と言ったら大袈裟ですね。単に闇練程度に走らせに行っただけですから。

現地入りしてピットを確保。
バッテリーを充電しつつ最初に行ったのがダンパーのオーバーホール。

ダンパーのオーバーホールなう。

ここ最近ちゃんとオーバーホールしてなかったモンで。
Oリングも京商X断面Oリングに交換。グリーンスライムをタップリ塗って組み立てます。
ダンパーオイルは従来通りフロント600番、リア300番としました。

復旧後、シャーシをチェックしてみると車高が上がってリバウンドストロークも変わってました。
そこでイモネジを調整しリアのサスアームが1G状態で水平になるように調整。
リバウンドストロークはちゃんと測ってないので解りません(;´∀`)

ここまでで1時間半経過。
ようやくコースインですが、前回来た時よりもコントローラブルな印象。
ダンパーがしっかり仕事してる感覚です。やっぱダンパーメンテはマメにしなきゃ駄目ですね。

とりあえずちゃんと走れる事を確認出来たので今度は「みんドリ」指定タイヤの新ジャムハードの面出しを行うことに。屋外のアスファルトでしばらくタイヤを削り、その後コース脇にあるタイヤ削り台?で整えました。
タイヤの当たり具合は7分当たりかな。キャンバー角が結構付いてるので。
これでコースインすると旧ジャムハードより少し速い印象。コントロールしやすいんだけど他の旧ジャムハードの車に合わせるには少しシビアかな?混走出来なくは無いんだけど・・・と言った感じでした。

結局新ジャムハードはここで外して旧ジャムハードに戻し3時半までみんなと追走を満喫。
カウンター量もまずまずでイイ感じのスクドリ君。
「みんドリ」の会場トップギアのPタイル路面は未経験ですが、どうなることやら。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/917-6b3abb2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。