スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジドリは終わコンと言われないために 

「終わコン」=「終わったコンテンツ」
最近ネットでよく聞く言葉だと思いますが、ふとした時にラジドリも終わコンと言われてるのかなぁ?と思ったり。

ここ最近のラジドリ界ってちょっとテンションダウンしてますよね、明らかに。
勝手ながらその原因を推測してみました。

※ケツカキがハードルを上げすぎた
2年ほど前から全国的な流行りを見せたケツカキ仕様によるカウンター走行。
流行りの発端は銀さんの走行動画でしょうね。ま、雑誌の記事の影響もあるんでしょうが。
で、みんな真似したくてケツカキ仕様にして走らせてた訳ですが、そんな簡単にいくわけもなく試行錯誤してましたよね。
当時はセッティング情報もあまり公開されておらず苦労しましたが、その中で段々と乗れてくる事に面白さを見出して頑張ってきました。
それが今となってはカウンター走行が当たり前、ドリフト中のステアの内切りはご法度とか言う流れになってしまい、カウンター走行しなきゃダメみたいな空気が初心者へのハードルを上げてしまい、結果途中で挫折しちゃったりするのかな?と。

※環境が整いすぎた
ここ数年でラジドリ界は発展しすぎたような気がします。
メーカーは様々なシャーシを開発・販売し、ボディやホイールも以前とは比べものにならない程バリエーションに富み、タイヤもコースに合わせて選択出来るほど種類が増えました。サーキットもドリフト専用コースも増えましたよね。
ユーザーにとってうれしい話なのですが、贅沢なもので環境が整い過ぎると面白みを感じなくなる事もあり、昔からやってる人々は興ざめしちゃってるのかも?と。数年前はケツカキ仕様にするにしても「○○のプーリーを流用する」とか「■■のベルトが使える」みたいに盛り上がったもんですが、最近はプーリーやベルトは各社から色々ラインナップされてます。こうなるとユーザーの工夫する余地が無く面白みに欠けるように思います。イイ事なんですがね・・・。

※面白さを見出せない・飽きた
なんだかんだ言ってもコレかな?
ドリフトってドリミでも出ない限り目に見えた結果が出ないから途中で目標を見失いがちになるんじゃないかな?と。
最近はドリミもショップレベルのものも数多く開催されてますが、初心者にはハードルが高く思えるでしょうし。
また近くに仲間が居ない人も競う相手が居なければ飽き易いでしょうしね。

こんな感じでしょうか。
でも最終的には最後に書いた「飽きた」の一言でしょうね。
ラジドリなんて趣味の一つなんですから当然飽きることもあるでしょうし。
俺自身も今年で5年目になりますが閉塞感は否めません。

ただラジドリというジャンルが衰退していくのはやっぱり寂しいですよね。
業界全体で「楽しめる環境」を作っていかなきゃ駄目かな?と思います。
「ラジコンでドリフト!SNS」が少しでもその「楽しめる環境」作りに寄与出来ればなぁと考え今後の運営に励みたいと思います。


なんだか偉そうに独り語りしてスマソ。

関連記事

コメント

実は・・・

私はラジドリの活動休止中の者です。
最初は走る事が楽しくてやっていましたが、追求すればするほと自分が何かしたいのか分からなってしまいました。
イベントに参加した時、審査員のコメント(こう出来るといいですねとか)を聞いたとき、どうすればいいのか分からなくなり、滑って走る喜びが苦痛に変わり次第にショップからもラジコンからも離れていきました。
イベントに参加したことを後悔しています。出来る人は楽しいでしょうが、そうでない自分は・・・
今ラジコンは倉庫で眠っています。
休止して半年が経ちますが、復活する日がくるのかな?って思ってます。

>K-SUKEさん
俺自身もう5年ほどラジドリやってるんですが、ここまで続けてこれたのは
正直仲間が居たからだと思います。
毎週集まって走らせる仲間が居るだけで楽しいものです。
イベント参加後の悩みが誰かに相談できていれば続いていたでしょうね、きっと。

ラジコン。とりあえず引っ張り出してきましょうよ。
うちのブログを見てるくらいなんですからまだ何処かに走らせたいと言う
気持ちはあるんじゃないですか?
手にとって眺めればまた気持ちも変わってくると思います。

もしお近くに仲間が居らっしゃらないなら是非うちのSNSを覗いてみてください。
日記で悩みを書けば誰かがレスくれますよ。
楽しく遊べれば良いですね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/874-fa28d4cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。