スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンウェイ装着完了! 

先日買ったパーツを今朝から組み込んでワンウェイを装着出来ました。

当初ちゃんと装着出来るか不安でしたが何の問題もなく取り付ける事が出来ました。

今回使用したパーツは下記の通り。(括弧内はパーツ番号)

 ・4WDフロントワンウェイユニット(OP200)
 ・ツーリングカー強化ジョイントカップセット(ギヤデフ用)(OP218)
 ・TG10ホイールアクスル(SP823)
 ・39mmドライブシャフトセット(SP883)

まずシャーシからフロントのギアデフを取り外し分解、購入した4WDフロントワンウェイユニットを組み付けて復旧。
それをシャーシに組み込んでから他の購入パーツを組み付けていくだけ。

ワンウェイベアリング組み込み


若干ドックボーン(39mmドライブシャフトセット)が短いような気もするけど使用には問題なし。

金属製ドックボーン


今回気付いたメリットはドックボーン等が金属製になり精度が上がったのかステアリングを最大まで切ってもスムーズにタイヤが回るようになりました。
TT-01標準のドッグボーン等ではステアリングを最大に切るとブレーキが掛かったようにスムーズに回らなくなるのですがコレが解消されました。

走行させた感じもしっかりとワンウェイが効いていてクイックなターンが可能になりました。

費用は約2400円とTT-01用ワンウェイユニットより少し安い程度となりましたがドックボーン等の改良も出来るのでオススメです。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/83-ce832db7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。