スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に切れ角UP。 

今朝4時に目がさめたのでそのままTA03Fの作業の続きを再開です。

今回はメカ積み。

とりあえず余ってるYEAHRACINGのセンサーレスを載せることに。モーターは10T。ギアの多いTA03Fにはハイパワーは危険だし、このくらいが調度イイかな?と。
モーターを取り付けるに当たり、OPのアルミモータープレートを併用。これがあるとモーターがしっかり固定出来てバックラッシュのズレも少なくなるのでオススメ。併せてカーボン中空ギアシャフトも組み込めばギアのブレも減って更にGoodですよ。

でアンプはアッパーデッキの上に固定。他に場所がないもんで。
その後、サーボも固定しようと思ったんだけど、サーボセイバーが見当たらず作業を見送り。

で、余った時間をどうしようかとシャーシをチェックしてると前回の作業でアップライトのピロボールの取付位置を変更し切れ角を増やしましたが、現状で干渉していたのはギアケースではなくアップライトとCハブだったのでココを削って更なる切れ角アップを狙うことに。

とりあえずアップライトを取り外して干渉部分をカッターで削ります。

アップライトを削って。

もちろんCハブも干渉部分を削ります。

Cハブも削ります。

シャーシ取付状態で削ったんで面倒でしたが素材が柔らかいので案外楽に削りました。
復旧して切れ角を見てみると・・・

切れ角アップ後

結構切れてるでしょ?
以前ステアリングワイパーを削って切れ角アップした際の画像を重ねて比較してみました。
色の濃い方が今回で薄く透けてる方が前回。

切れ角の比較

こうやってみると結構切れてますよね。
最新シャーシにも引けを取らない形になりました。
駆動系もユニバで引っ掛かりもなくいい感じです。

さ、今日にでもサーボセイバー買ってきて走らせられるようにしなきゃ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/803-36497e12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。