スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TA03F再始動。 

昨夜は息子を早く寝かしつけることが出来たので久々にラジ弄り出来ました。

今回はTA03F。久々です。
うちのブログ、結構TA03Fのページが人気があるようなんで、その要望に答えることが出来れば・・・と思って引っ張り出してみました。

久々のTA03F

以前会社で練習用に使用してからメカを降ろして放置プレイだったんでひとまず各部を掃除。
その後前後のプーリーを交換し前後比をUPさせました。
今回使用したプーリーはこちら。

R/Cvillage製13Tプーリーとプーリーホルダー

以前R/Cvillageさんに頂いた13Tプーリーとプーリーホルダーです。
13Tプーリーはリアに取り付けますが、フロントにはこのプーリーホルダーを使ってHPI製の18Tプーリーを使用します。その使用方法はこんな感じ。

プーリーホルダーの使用法

プーリーホルダーにピンを挿し込みプーリーを固定します。
その為、使用できるプーリーは限られてきますがプーリーだけ交換出来るのが良いですね。
コレを取り付けるとこんな感じになります。

シャーシに取り付けると・・・

プーリーを内側にするんで外れることもなく問題なし。
13Tプーリーと組み合わせたところ、テンショナーでベルトを少し張ってやれば対応できるレベルだったので一安心です。

次はフロントデフ。
現状ではギアデフなんですが、カウンター仕様ならやっぱりフロントワンウェイだろうと言うことで交換することに。
TA03Fの場合、フロントデフを交換する場合、フロント周りをシャーシから切り離さなければならず結構面倒。とりあえずデフだけ摘出しようとこんな事に・・・。

フロントデフ摘出中

取り出したデフの中身をOP200 4WDフロントワンウェイユニットに交換。

ワンウェイに交換中。

あとは復旧するだけ。
ギアにセラミックグリスを塗りながら復旧。
復旧後に動きを確認すると、左右でタイヤの回り具合がやや異なる感じだったが気にしない事に。

それと最後に切れ角UP。
これは予定外の作業だったんだけど、フロントワンウェイに交換する際のフロント周りの切り離し作業中にフロントアップライトのピロボール部分を壊してしまって・・・。

壊れちゃった。

そこでピロボールを内側に取り付け。これで少し切れ角が上がりました。
ただTA03Fはステアリングワイパーがギアケースに干渉するんで切れ角が元々少なめでこれ以上はステアリングワイパーを自作しなきゃ切れ角は上がりそうにない感じ。とりあえず走らせた上で考えよ。

あとはメカ積みすれば走れる状態にはなるけど・・・今晩作業できるかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/802-a5d93973

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。