スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロシャツを作ってみた。 

先日から企んでいたんですが、ステカを使ってオリジナルポロシャツを作ってみました。

作り方は簡単で、ステカでアイロンで熱転写出来るラバーシートをカットし、市販のポロシャツに家庭用アイロンを使って熱転写するだけです。

まずラバーシートのカット。

ラバーシートのカット。

カットの際、データは反転しておき、ラバーシートの裏面からカットします。
またデータはカットラインを2重にしておき、2回切るようにする必要があります。ラバーシートと言うだけ有ってカッティングシートと比較すると切れにくい様です。

カット後は余白部分を取り除きます。

余白取り除き後

ラバーシート自体に粘着力はなく、後から剥がす透明フィルムに粘着力があります。
余白を取り除く際は切れていない箇所が無いか注意しながら取り除きましょう。ちゃんと切れていない場合、ラバーシートが伸びてシワになってしまいます。

次は透明フィルムの粘着力を利用し、熱転写したい場所へラバーシートを貼り付けます。

転写位置へ貼り付け

ちゃんと位置関係を確認し、まっすぐ貼りましょう。この時点なら貼り直し出来ます。

で、熱転写。

熱転写中。

家庭用アイロンをドライの高温にセットし押しつけるように透明フィルムの上から熱転写します。
熱転写に必要な温度や時間は楽天内のラバーシート販売ページに詳しく紹介されていますが、今回は綿100%だったので25秒程カウントしながら熱転写しました。
その後、熱いうちに透明フィルムを剥がし、ラバーシートを直接数秒プレスすれば完成です。

熱転写完了。

どうです?結構簡単でしょ?
完成したポロシャツはこんな感じ。
まずは前側。

完成したポロシャツ(前側)

「RCD SNS」は「ラジコンでドリフト!SNS」からこんな感じにしてみました。
で背中側。

完成したポロシャツ(背中側)

もう少し大きくしたかったんですが、手持ちのステカではコレが最大サイズかな?
でも概ね満足の出来映えですヽ(´ー`)ノ

ちなみに掛かった費用は下記の通り。
 ・ポロシャツ : 450円(GUで特売してたので)
 ・ラバーシート(20cmx50cm) : 800円
 ・ラバーシートの送料 : 750円
 ・合計 : 2000円

1枚で2000円と考えると割高な印象ですが、この位のデザインサイズなら20cmx50cmのシートで2枚から3枚カット出来るので仲間内で製作する場合は外注するよりずっとお得ですね。ステカを持っている人はチームメンバーと申し合わせて作ると良いかも?
この熱転写ラバーシート。もちろんポロシャツだけじゃなくTシャツやトレーナーにも使用出来るので、寒くなってきたらトレーナーでも製作してみようと思います。

関連記事

コメント

おお。すごいなぁ。てかマメな人だw
僕は途中でくじけますね。
しかしステカっていろいろ使えて面白いですね~b

>棟梁さん
案外マメでしょ?(w
昔実車でドレスアップしてた時にチームメンバーとTシャツを
作った事があるんですが、その時はコレじゃなくてインクジェット
プリンターで印刷したものを熱転写するシートで作ったんですが
その場合洗濯でバリバリになっちゃうんですよね。
これだと洗濯にも強いみたいですし何よりソレっぽいでしょ?(w

この作製方法・・・さっそく使わせていただきます!!何かは大体お分かりとは思いますが・・・w
私の行ってるサーキットは暑すぎて全然行けてないです・・・TAにも大分慣れてきたので早く走りたいっす!

>初心者S女さん
遅レスでスンマセン。
って何作りはるんですか(;^ω^)
俺も今週は走らせてないんでムラムラしてますわ(*´д`*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/800-7b04386f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。