スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業再開。 

今日は3時前に目が覚めたのでそのまま起きて放置プレイだったパル製トレノボディの製作を再開。

塗装は完了しており、後はライトパーツを取り付けてシューグーで補強し電飾をすれば完成。
今夜はライトパーツの仮組からスタート。

今回使用したライトパーツはヨコモの林レビン用
リアはそのまま取付可能。ですがボディのプレスライン通りに塗り分けていたんですがライトパーツをあてがってみると・・・

ズレてる・・・。

左側のバックランプとテールランプの境界がズレちゃってます。
良く見ればボディ側のプレスラインが左右で幅が違います・・・塗装前にライトパーツをあてがって確認しておけば良かった・・・orz
と、嘆いても仕方ないので足りなかった部分だけをマスキングし直して再塗装。

フロント側は今回リトラクタブルヘッドライトをオープンにしている為、そのままでは使用出来ず。もちろんレビン用ですからクローズにしていても使えません。
そこでヘッドライト部分を切り取りました。カッターナイフをガスコンロで炙ってホットナイフ的にすれば簡単にカット出来ます。

ライトパーツをカット。

この状態でボディに合わせてみましたが・・・うまく合いません。
フェンダーのコーナーマーカー付近で干渉する部分があるようです。
そこでバンパー部分とフェンダー部分を再びカット。最終的にはこんな事に。

最終的には・・・。

バラバラです(w
コーナーマーカーは一部をカットしてようやくフィットするようになりました。
バンパー部分も概ね問題なし。ただしこちらもボディのプレスライン通りに塗り分けしていたにもかかわらず、ウインカーの位置がズレてます・・・仕方ないのでこちらも再塗装。
ま、あちこち塗装失敗してるんで適当で良いでしょ。

塗装後ドライヤーで強制乾燥させ、その後はシューグーで補強。
適当に作ったボディでもすぐに割れたり塗装が剥がれちゃうのは嫌だし。
フェンダーアーチを特に入念に補強し、ボディ下部を全周に渡って補強しておきました。
これで電飾は無いにしろとりあえず使用出来る状態にはなりました。

電飾もこれから・・・と思いましたが出勤までの小一時間仮眠を取るとします。
寝坊しなきゃ良いけど(;^ω^)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/787-7f6d91ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。