スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南茨木。 

3連休。中日の昨日。
加西のAIサーキットでは「最強ドリフターは誰だ?」が行われてる中、ラジコン天国南茨木店に行ってきました。
ちょうど嫁・子供が遊びに行くと言う事になったもんで。まなぶと一緒に12時頃より入店。

店内を見るとグリップコースは賑わっていますがドリフトコースはいつもと比べて空いている様子。みんな「最強」に行ってるんだろうか?誰か遊んでくれる人が居れば良いんですが。

ピットも空いていて余裕がある状態。
前日の夜にも走らせていた為、バッテリーを充電するところからスタート。
しばらく走行出来ないので店内を物色。
すると店員のヒロシくんが「OTA-R31足どうですか?」と勧められましたが・・・高い!(;^ω^)
その場では「そんなに切れ角要るかなぁ?」とか「今の状態が良いんで・・・」と言って逃れましたがお金が有れば欲しいです(w

結局ホイールを2種類購入。スピードワークスのワタナベスピードウェイパルのスライドマスター37Rの蛍光オレンジ。ワタナベには先日のトリックマスター杯で貰ったトリックマスター3度を取付。

そうこうしてるとバッテリーの充電も完了し、タイヤをトリックマスターに交換してコースイン。フロントは前述の3度テーパー、リアはラウンドタイプ。しかしコレが全く駄目。フロントの面圧に対しリアが負けてまるでFFみたいな挙動。コースを1周する事もままならず即座に撤収、フロントもラウンドタイプに交換して事なきを得ました(;^ω^)

コースレイアウトはトリックマスター杯の時のまま。
そこで当日のクリップポイントを意識しながら走行しましたが・・・意外にも走れる。
あの時この走りが出来ていればと思う程クリップポイントをなぞって走れる。
緊張って恐いね・・・少しでも慣れるよう頑張らなきゃ。

シャーシのセッティングは変更しないまま、プロポのATLを70%にした状態で走行。
カーペット路面に塩ビタイヤの組み合わせですからブレーキは弱めにしてみたんですが、これが良かったのかブレーキで角度が付きすぎる事もなく操作性が上がって扱いやすくなった印象。

とりあえず単走はしっかり走れる事が確認出来たので、コース上の上手そうな人を見つけては後ろに回って追いかけっこ。色んな方の後ろを走らせて頂き、追走練習。顔見知りの人は少なかったですが上手い人ばかりで退屈しませんでした。

15時頃からフドウさん・鳥熊さんが来られ、コース上でみっちり遊んで頂きました。
最初は鳥熊さん。ガッツリ20分程追走して頂きました。
その後も皆さん入り交じっての追走モード。連ドリ状態に突入。
ここでまなぶが動画撮影してくれたのでうp。



動画で見ると走行ラインがイマイチですねぇ(;^ω^)

この後、俺が先頭になりすぐ後ろがフドウさん。その後には数台続いた状態で連ドリスタート。自分がミスして破綻する事だけは避けようと必死に頑張り15分程ほぼノンストップで周回を重ねる事が出来ましたが、俺の体はびしょびしょの濡れ濡れ状態。ワキ汗がつたって肘まで垂れてましたし足の裏も汗かいてました(w

帰り間際にフドウさんと鳥熊さんにご挨拶。
この時フドウさんのシャーシを見せて貰ったんですが・・・

CE-R?

CE-R・・・?でも違和感有りすぎ。
良く見れば・・・

バルクヘッドが長い・・・。

バルクヘッドが長いです。CE-Rのセンターモーターレイアウトです。
フドウさん曰く、このバルクヘッドとシャーシだけの状態で入手し、他のパーツを寄せ集めて組んだとの事。しかし完成度は高く市販化されてるのかと思う程。
シャーシの挙動は長いバルクヘッドのお陰でシャーシはあまり捻れないようですが、剛性がありキビキビ動くようで。シャーシが硬い方が好みとの事ですしフドウさんとの相性は良さそうです。
そー言えばフドウさん、以前はこんなシャーシもお持ちでしたよねぇ。シャーシ改造マニアってトコでしょうか(;^ω^)

6時前に退店しましたが、ホントお腹いっぱい走る事が出来、大満足。
最初は「最強」のお陰であまり楽しめないかと思ってましたが杞憂でした。
また上手い人に遊んで貰えるよう俺も頑張ろっと。

最後になりましたが当日御一緒した皆さん、ありがとうございました。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/785-bf611be5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。