スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワッピング。 

先日のSNSドリフトバトル終了後、○走くんにうちのスクドリコンバSPを試乗してもらったんですが、その時の回答が要約すると「動きが唐突でリアが安定せずアンダーになったりオーバーになったりする」との事。

 

(´ε`;)ウーン…確かに俺自身もそう思ってました。
スロットルのオイシイ部分をちゃんと使えてるときは良いんですが、少しでも外すとフラフラでリアが出過ぎたり逆にアンダーが出たりと素直な挙動には程遠い感じ。

 

プロポのTH-EXOPを-70程度にしている事もひとつの要因かと思うんですが、それ以前にダンパーのセッティングが駄目ダメなようで・・・この辺はもっともっと煮詰めて行く必要がありそうです。

 

逆に○走くんのOTA-R Ver.銀にも試乗させてもらったんですが、簡単に言えば「素直でスムーズ」。走り出してすぐ自分のスクドリコンバSPには無い安定感を覚え、それでいて扱い易くコントローラブル。パワー的には7.5Tのモーターなので控えめなんだけど、素直なシャーシの挙動のお陰でフロントの転がりが良く、必要以上にスロットルを開ける必要もなくて問題無し。

 

それ以上にスムーズさを覚える要因の一つに○走くんのOTA-R Ver.銀はカナリ静か。
恐らく○走ギアと呼ばれてるタミヤ製TA04用04モジュールの120Tスパータミヤ製のスチール製29Tピニオンを組み合わせているからかと思われます。
音も静かにガッツリカウンターを当てて走っていく様には感動を覚えるほど。
最近巷でもスチール製ピニオンギアが流行ってるとの事・・・ これは俺も真似しないと(w

 

しばらく走らせた後、一度リアのスタビを外して以前の状態に戻してみようとバルクヘッドのスタビホルダーのネジを緩め、スタビをフリーにして走行してみました。
・・・こっちの方が走りやすいかな?リアのピーキーさが幾分マシになったかも。
そもそもスタビを取り付けた理由がシャーシの後端が路面と接触し削れてしまっていたのでロールしすぎと判断したからの事だったんですが、走らせてみたら根本的に車高が足りなかっただけなのかも?と思ってみたり。

 

そんなこんなでドリフトバトル終了後も色々収穫がありました。

これらの事を踏まえ、今後のセッティングに反映出来れば・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/754-0d1f2181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。