スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のちZERO。 

先日22日は奈良某所でのSNSドリフトバトルの予定でしたが雨がパラつき中止に。
その為、D-STAGE ZEROにお邪魔してきました。

その日は嫁が飲み会で帰ってくるのが遅かったのと子供の寝付きが悪かったことが重なり自宅を出たのが24時前。雨の中、車をかっ飛ばしてZEROに向かいました。
ZEROではそこそこの人数が走行しており、程なくしていつもの闇練メンバーも合流してきました。
早速ピットを構えコースイン。

事前にスタビをハードからソフトに交換していたので、その感触を掴むべく周回してみますが・・・どーも思い通りに動かない。リアの流れ具合に違和感を覚え、シャーシをチェック。良く見ればリアが下がりすぎてるわ。スタビを交換してから車高調整してなかったもんだからソフトに変更した分、車高が下がったのかな?

一旦ピットに戻って車高を確認。
フロントは6ミリくらい有ったのにリアが3ミリ程しかない。これじゃ違和感も出る罠。
そこでフロントを3.5ミリまで下げ、リアを4ミリに変更。
更にフロントの前側サスマウントの下に1ミリ厚のスペーサーを2枚挿入しスキッド角を付けてみた。

これで再度コースイン。
リアの流れ具合は幾分改善されたが、今度はフロントが流れすぎるというか接地感が薄れてしまっている。元々路面ミューの低いコースなだけにこれじゃ辛い。スキッド角を付けすぎたか?
またピットに逆戻り。サスマウントのスペーサーを1枚抜き、コースに戻る。
合わせてプロポも少し弄り、EPAを引き上げTH-EXPOを下げてみた。

うんうん。良くなってきた。フロントもスキッド角を付ける前より転がりカウンターも当てやすい。走行ラインに気を付ければ内切りせずに周回出来るようになってきた。とりあえずこれでOKとし後は走り込むだけ。
竹棒さんにロックオンされ2台でツインドリ練習。俺が先行で竹棒さんが後追い。
周回を重ねるにつれ、ミスも少なく走行ラインも安定し2台の車間も詰まるようになってきた。
後はカウンターがもう少し当てられれば見た目的に格好いいんだけど、ZEROの路面じゃセッティングを見直さなきゃ難しいだろうし、ゼロにまで戻ることも少なかったから良しとするかな。

で、気付けば3時半。集中して走らせてたんで時間が経つのが早かったわ(;^ω^)
このセッティングでアスファルト路面を走らせたらどうなるか楽しみ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/750-7efbd4f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。