スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コソ練。 

昨夜は祝日前だった事もあり先日のSNSドリフトバトルで消化不良気味だった事もあり急遽闇練を行うことを決意しSNS内で告知してみた。

しかし流石に急すぎたか思った程参加者からの反応は無く参加者はゼロ。
ま、1人でもイイやと家を出、東大阪某所に23時過ぎに到着。やっぱ誰も居ない。

で、先日攻略出来なかった直線的な3発振りの練習にと長い走行スペースを利用し端から端まで卍を切って走る練習からスタート。特にパイロンを並べる訳でもなく、浅い角度を維持しながらなるべく飛距離を保てるよう意識して。
今回の場所は結構な勾配が付いており、行きと帰りで走らせる感覚が違ってくるのだが、これがまた練習になって面白い。しばらくすると”ほぼ”イメージ通り操作出来るようになってきた。

と、思った矢先、遠く離れた場所で何かに乗り上げたような挙動を示した。
が、特に動きに変化が有る訳でもなく普通に走る。
でも何か気になってシャーシを回収すると・・・・なんだこの匂いは・・・臭すぎる。
そうか・・・さっき乗り上げたのはウ○コだったんだな・・・ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

幸いボディをギリギリまで下げていて地面とのクリアランスが2ミリ程度だったので主にフロントバンパーへの付着が大半で他にシャーシ裏のフロント側に幾分の付着を確認した程度。
でも一気にテンションダウンし帰ろうかと思ったら、まなぶが到着し帰るのも忍びない為、拭き取って再度走行することを決意。幸い車にはティッシュもあるし近くの自動販売機にミネラルウォーターもあるし。
まず乾いたティッシュで拭い取りその後ミネラルウォーターで濡らしたティッシュで数回拭き、更にから拭きを1回。全てを綺麗に拭き取るのに30分を要したが、何とか復活(`・ω・´)シャキーン

ここでディッシュパイロンを取り出し、直線的な3発振りの実戦練習に取り掛かる。
3発振りの練習コース。

パイロンがあるのと無いのでは勝手が違い、なかなか上手く攻略出来ない。
が、浅い角度をキープして走れる走行ラインをイメージしながら走らせ続けたナカナカ良い感じになってきた。

この辺りでトヨさんからメール着信。こっちに向かうとのこと。
30分程で合流出来、その後は3人でみっちり練習。
途中お互いのシャーシを試乗し合い、アレコレ言ってみたり。

一旦休憩。

まなぶのOTA-R Ver.銀、トヨさんのOTA-R Ver.2、俺のスクエアドリフトコンバージョンSP Type-S。乗り比べてみるとやっぱり違うねぇ。OTA-R Ver.銀は「転がして走る」のに向いてる感じがするし、スクドリコンバSPはどちらかというと「握って走らせる」感じが向いてるようだし。俺的には後者の挙動が好きなんですがね。

終盤には3台で連なって走ることも出来、ビタビタの追走状態で3発振りをクリア出来たりとみんな確実に上手くなりました。これで次のドリフトバトルも大丈夫(なはず)
運も付いたことだしね(゜∀。)ワヒャ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/739-a0c2a642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。