スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキッド角。 

先日の闇練で思った以上によく走ってくれたTA05フラップコンバ。

色々セッティング変更しましたが、先日の記事に書いてなかった項目が1箇所ありました。

 

それがスキッド角。

先日のメンテ時にフロントサスアームのフロント側サスマウントの下に1ミリ厚のサスマウントスペーサーを2枚挿入し、スキッド角を付けていたんです。

スペーサー2ミリ追加。

案外コレも効いてたんじゃないかな?と思ったわけで。

 

スキッド角とはサスアームの取付角度を指します。

一般的にフロントサスアームが前上がりになっている状態を正スキッド。反対に前下がりになっている状態を逆スキッドと呼ばれています。

 

通常、スキッド角が無い場合のサスアームとダンパーの動作量は等しくなりますが、スキッド角が正スキッドの場合、ダンパーの動作量に対しサスアームの動作量が増加し、反対に逆スキッドの場合はダンパーの動作量に対しサスアームの動作量は減少します。

 

ダンパーの動作量に対しサスアームがより大きく動作する正スキッドではダンパーを柔らかくした場合と同等の効果が得られ路面追従性が良くなり、反対の逆スキッドの場合はダンパーを固くした場合と同等の効果が得られます。

この辺は以前紹介したダンパー角についてと同じ考え方です。

 

今回フロントサスアームを正スキッドにした為、以前より路面追従性が良くなりフロントタイヤが転がりやすくなりカウンターステアを維持しやすくなったのでは?と考えています。

 

他にフロントタイヤの転がりを良くするセッティングにキャスター角がありますが、こちらはダイレクトに転がりに作用するため、カウンター走行には非常に効果的なようです。

 

最近発売されたスクエア製8度Cハブは大人気で実際装着した人の声も上々ですしね。

うちのTA05フラップコンバのCハブはリバサス用の4度が装着してありますが、予算の都合がつけばスクエア製8度Cハブも試してみたいところです。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/720-8de0803d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。