スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3週間ぶりの闇練。 

13日深夜は3週間ぶりに闇練に参加出来ました。

うっかり息子を寝かしつけるのに一緒に寝てしまい、現地到着が少し遅れてしまいましたが23時半頃よりサクっとコース設営をして参加者4人で走行開始。

まずタイヤをASD-NEOタイヤにてコースイン。
路面が比較的喰うアスファルトなので車速も乗り、比較的狭いコースだったため窮屈に感じましたが数分走ってると慣れてきてそこそこ走れるようになってきた。
参加前にセッティングを色々変更したこともあってか以前より乗りやすく安定感があって好感触。
ASD-NEOタイヤの使用感も簡単に言えばコントローラブル。グリップ力が一定で扱いやすいような印象です。あとASDタイヤVer.7等と比較して走行後のタイヤが綺麗に摩耗しているような感じ。この辺が走行性能の違いに繋がるんでしょうか。ASD-NEOタイヤは通常品より少しお高めですがより高い品質を求められるシーンではアリかと。

この辺りから参加者が2名増え6人に。
その後しばらくしてタイヤを自作塩ビに変更しみんなで遅ドリタイムに突入。
塩ビタイヤにするとより丁寧なスロットルワークが必要な為、セッティング内容をよりシビアに感じることが出来ますが、今回のセッティング変更は間違ってなかったようでカナリ乗りやすくなってます。
ケツカキ度を下げたことにより長いストレート区間の操作に余裕が生まれ、コーナー進入時のミスが少なくなり前走車に併せやすくなった感じ。またサスを柔らかくした事によりトラクションが良く掛かり車速が乗る一方でしっかり止まれる。こりゃ良いわ。

今回はD1風?180SXで。

今回ボディを以前製作したGTウイング付きの180SXにて走行させていた影響も多少があるかも?
180SXは他ボディに比べ前後のオーバーハングが長く、挙動がまったりしてますしね。更にGTウイングも付いてますからハチロクと比較すると乗りやすく思えるのかもしれません。
前後のオーバーハングが長い影響で今までの間隔で操作してるとノーズをパイロンに引っ掛けてしまいがちでしたが、意識して乗れば結構イケそう。早くストリート仕様の180SXを修理させなきゃ。

途中、成層圏のブルーさんのTC-Dに試乗させて頂きました。
150%程度のケツカキ仕様に変更した以外はほぼ素組との事。
しかしコレがナカナカなもんでカナリ走らせやすい。TC-Dは初めての操作でしたが、ほぼ思った通りに動いてくれますしカウンターも維持しやすい。とても素直な操作性でした。こりゃ煮詰めれば相当走ることでしょう。正直欲しいかも。

終盤に差し掛かりコースにも慣れてくるとみんなの車間が詰まって連ドリ状態に。これがアツイ。
1台が2台に、2台が3台にと段々増えてくる車列に(;´Д`)ハァハァしながら走らせ大興奮。
いつもより少し早い3時半頃に走行終了としましたがお腹いっぱいです。

オシリ。

コース撤収後に残ったメンバーでしばし雑談。
この時間も走行時と同じくらい楽しいんだよね。
で気付けば4時。ここで解散となりました。

やっぱ気の合う仲間との走行は楽しいわ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/717-097066ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。