スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃。 

先週からメンテしてたTA05フラップコンバ。

以前SNS内で受信機を掃除したらエラいコトになってたと言う話を聞き、俺も気になったもんで受信機を分解清掃してみました。

TA05フラップコンバに使用している受信機はフタバの2.4GHz用受信機R603FS
ケースを開けてみると・・・

受信機をバラすと・・・

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

エライこっちゃです。これはヤバイ。

中の基盤を見てみると2枚重ねになっている。だから中に入った砂が抜けないようで。

基盤が二枚重ね。

とりあえず刷毛で綺麗に砂埃を落とし元通りに復旧。
これでしばらくは大丈夫でしょ。
やっぱ普段外で走らせてるから仕方はないとは言え、豆にメンテしてやる必要がありそうですな。

で肝心のシャーシの方は昨夜メンテがとりあえず完了。
今回変更したのは

・フロントのスイングシャフトを44ミリに変更。タミヤ OP1078 44mmスイングシャフト
・リアのスイングシャフトを48ミリのスチール製に変更。
・リアのデフプーリーを35Tに変更しケツカキ度を169%から154%に。
・スプリングをスピードワークス職人技に変更(フロント:ハード リア:ミディアム)

こんな感じ。
フロントのスイングシャフトを44ミリに変更したのは鬼キャンにした時にカップジョイントに干渉しそうだったので。でも44ミリだとリバサス(ロング)ではギリギリでした。ま、機会があればショートリバサスに変更しよ。

ケツカキ度を下げたのは今までの169%ではアスファルト路面での安定感に欠けた為。
カーペット路面ではちょうどいい感じなんだけどアスファルト路面だとピーキーで辛い面も多かったんで。今までは意地で乗りこなしてやると頑張ってたんですが、少し方針変更。

これに伴いサスも以前より柔らかいスピードワークス製に変更し「より転がしやすい」セッティングにしてみたつもり。少し自宅前で走らせてみましたが、以前より乗りやすく、それでいてカウンター量はあまり変わらず好感触。

今晩の闇練でみっちり走らせ更にセッティングを煮詰めたいと思います。

関連記事

コメント

大変な事になってましたね・・・私も不安になってきました(焦)うまく分解できればいいんですけどね・・・

受信機は大抵上下に二分割出来ますので壊さないように
分解してみてください。外での走行が多い程驚く事に(w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/716-92e3afbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。