スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンパーについて考えてみた。 

セッティングについての第3弾。
今回はダンパーについて。
ダンパーセッティングは奥が深く、俺も把握し切れてない部分もありますが、解る範囲で。

まずダンパーの構造について。
ダンパーは大きく分けてスプリングとダンパーシリンダーで構成されています。
ダンパーシリンダーは更にダンパーシリンダーとダンパーシャフトとピストン、それにボールエンド類に分けられます。
ここではピストンに注目したいとおもいます。
TRFスペシャルダンパーなど一般的なダンパーピストンには1つから3つの穴が空いています。
この穴の数や大きさによってはダンパーの減衰力は変わってきます。
同じダンパーオイルで比較した場合、穴の数が多い程、減衰力は低くなりピストンの上下の動きは軽くなります。反対に穴の数が少ない程、減衰力は高くなります。
ドリフトシーンにおいてダンパーピストンは3つ穴で固定し、ダンパーオイルで減衰力を調整するのが一般的ですが、手持ちのダンパーオイルでは思うような減衰力にならない場合、ダンパーピストンでも調整できると言う事を覚えておいて損はないでしょう。

また最近流行の「ゆっくり伸びるダンパー」はこのダンパーピストンに細工をしています。
ダンパーピストンの下側(ロッドエンド側)にダンパーピストンの外径より小さく、ダンパーピストンの穴を半分程度塞ぐシムを取り付ける事により、ワンウェイバルブの働きが生まれ、ダンパーが縮む際にはシムは穴を塞がず通常通りの減衰力を発生し、ダンパーが伸びる際にはシムが穴を塞ぎ通常より高い減衰力を生み出し、ゆっくり伸びるという訳。

ストリートジャム製ワークスダンパー。
※画像は研究会さんのブログよりお借りしました。

「ゆっくり伸びるダンパー」として市販されているストリートジャム製ワークスダンパーは人気商品で発売当初は品切れ続出でした。トラクションの掛かりが抜群でカウンタードリフトには理想的なダンパーなようです。が、従来のダンパーと比較すると挙動がまったりする感じもあるようで好みが分かれるとの話も。
#実際に使用していないので何とも言えませんが・・・。

次はダンパーオイルやスプリングの固さの変化によるシャーシの挙動変化について。
ダンパーが柔らかくなればなるほど路面への追従が良くトラクションを伝えやすくなりますが、路面グリップに対し柔らかすぎる場合、腰が砕けるかのように挙動が乱れる事があります。
反対にダンパーが固くなればなるほど路面への追従が悪くトラクションも伝わりにくくなりますが、キャンバー角などによる影響によりトラクションが高い場合に意図的にトラクションを逃がしたい時等で効果を発揮するでしょう。
上記の事よりカウンタードリフト仕様のシャーシにおいてフロントダンパーが固く、リアダンパーが柔らかいセッティングが多い事が理解出来るかと。またシャーシの挙動に不満がある場合のダンパー調整の指針にもなるでしょう。

最後に車高調整時の注意点。
以前記事にした車高の件についての補足的な感じにもなりますが、ダンパーのスプリングシートを使って車高調整をする際、車高を上げる為にスプリングシートを締め込んでいる場合は注意が必要です。
スプリングシートでスプリングを締め付けて車高を上げている場合、締め付けすぎるとスプリングに初期荷重(プリロード)が掛かってしまい、本来のバネレートが得られない事があります。
以前コレで俺もセッティングに悩んでいた時期がありました。
最近RC-ARTさんより発売されたスプリング長28ミリのハイパフォーマンススプリングは、ダンパーを柔らかくして車高が確保しにくい場合に装着すると良い仕事をしてくれるでしょうね。俺も注目しているスプリングです。



とりあえずここまで。
当たり前のような事まで書いてますが、初心者の方の参考になれば幸い。
ツッコミも大歓迎です(;^ω^)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/697-587b68af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。