スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバウンドストロークについて考えてみた。 

さてさて。
昨日は「車高」についてダラダラと書いてみましたが、今回はSNS内でリクエストがあった「リバウンドストローク」について先に書いておこうと思います。

「リバウンドストローク」は一般的にはシャーシ静止状態からシャーシを持ち上げていきタイヤが路面から離れるまでの距離の事を指します。

ダンパーの動きについての俺的に2つのストロークがあると考えてます。
ひとつはシャーシを上から押さえつけた際にダンパーが縮み、元に戻る動作。
もうひとつは静止状態からシャーシを持ち上げた際にダンパーが伸びていく動作。
前者を「縮み側のストローク」、後者を「伸び側のストローク」と考えてます。
「リバウンドストローク」はまさしくこの「伸び側のストローク」なのです。
ここであえて「伸び側のストローク」と言い換えたのにはこれからの説明で解りやすくする為ですのでご了承を。

次に走行中のダンパーの動きからみるダンパーストロークについて。
コーナーリング中のシャーシは慣性力や推進力などにより横向きの荷重が掛かります。
この時ダンパーはコーナー内側では静止状態より伸び、逆にコーナー外側では静止状態より縮む事になります。
この時、どちらかのダンパーストロークが不足するとそれ以上ダンパーが機能しなくなる為、不足した側のトラクションが逃げる事になります。

ラジコンの場合、シャーシに見合ったダンパーを使用していれば「縮み側のストローク」が足りなくなる事はあまりありませんので特に考えなくても良いのですが、「伸び側のストローク」については「リバウンドストローク」としてセッティング項目のひとつとして考えられています。

では今度は「リバウンドストローク」を調整すると何が変わるか?
前述の説明にもありますが、ダンパーストロークが不足した側のトラクションが逃げてしまうのですが、これを逆手にとっていると言えば理解しやすいでしょうか?「リバウンドストローク」が少なくなると「伸び側のストローク」が少なくなる為、少ないシャーシロールでもトラクションが逃げていき、結果リアの挙動が巻き気味になったり不安定になってきます。反対に「リバウンドストローク」を多くすると「伸び側のストローク」も多くなる為、シャーシロールした際にも内側のタイヤにトラクションをしっかり掛ける事が出来るようになります。

最後に「リバウンドストローク」を調整する際の注意点。
「リバウンドストローク」は左右で同じ数値に設定して下さい。
左右で「リバウンドストローク」の数値が変わると右コーナーと左コーナーで挙動が変わってきます。
またタミヤのリバサスやドリパケ等のサスアームのイモネジで「リバウンドストローク」を調整出来るシャーシの場合、「リバウンドストローク」を変化させると「車高」も変わってくるので両方合わせて調整しましょう。
俺はまず車高を合わせ、次にリバウンドストロークを合わせ、最後に車高を再調整して完了してます。
またサスアームにイモネジが無いシャーシについてはダンパーシリンダー内にスペーサーを入れて調整したりも出来るようです。(面倒なので試してませんが)

以上で「リバウンドストローク」の話は終わり。
少しは理解出来ましたでしょうか?
「いや違うぞ!」と言うご意見があればコメント頂ければ嬉しい限りです。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/694-3d1e6934

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。