スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく分身完成。 

色々あってブログ更新が疎かになって訪問して下さってる方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
報告したい事も多いんですが、とりあえず順不同ながらボチボチと記事をうpしていこうと思います。

まずは会社用に製作していた分身TA05君。
ようやく完成し走行出来るまでになりました。

分身完成!

同僚のTA05RからOTA-Rにコンバートした際の余りパーツにSNSメンバーからのパーツ提供と幾つかのパーツを買い足して完成させました。

簡単な仕様は下記の通り。

基本的にお金を掛けない仕様として考えてます。一部OPが入ってるのは同僚が余らせていたのをそのまま転用している為で特別意味はありません。ただしダンパーだけはTRFダンパーに変更してます。

メカ類は余り物を搭載。モーターもブラシモーターでドリフトマイスターの17Tを使用。
バッテリーも遊ばせてるバラセルを使います。サーボも壊れ掛け寸前のS3003ですし。

デフ仕様は F:ワンウェイ C:ダイレクト R:ボールデフ(但しロック気味に締め込み)
プーリー構成は フロント側 39T/13T リア側 20T/35T これで前後比171%。
センタープーリーASSYはR/Cvillageさんから提供頂いたものを使用しています。

TA05用20/13センタープーリー

頂いてからしばらく時間が経ってしまいましたが装着するシャーシが無かったもので・・・。
個人的には13Tプーリーはアンプへの負荷も軽減出来、外せないパーツのひとつです。
今回はダイレクト仕様ですがワンウェイ仕様との挙動の差に注目してみたいと思ってます。

タイヤは前後ともASDタイヤですがフロント側に太溝入りを入れてます。
これは溝のショルダーによる引っかかり感が出てくる為、カウンター走行に向いてると思っての事です。実際走らせてみるとその差は体感出来ましたしね。フロントのキャンバー角を大きく付けなくとも引っかかり感を出せるのでオススメ出来ますね、コレは。

で、先日簡単に試走してみたんですが、コレが巻き巻き(;^ω^)
車高やキャンバー角などの調整はまだ行ってないんですが、フラップコンバより巻く感じです。
また時折急激にスピンしちゃう事があり挙動を乱すケースがあったので、何処かに問題がないか確認しなきゃならないようで・・・満足出来る走りはまだまだ先になりそうです。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/627-13aef147

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。