スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンウェイベアリングを打ち替え。 

先日から色々あった13Tセンターワンウェイのワンウェイベアリングですが、昨日職場にて打ち替えしました。

プーリーの歯面が駄目になったタミヤ製16Tセンターワンウェイからワンウェイベアリングを摘出し、13Tプーリーに挿入し直しました。

ワンウェイベアリング打ち替えました。

タミヤ製ワンウェイベアリングを挿入時には嵌め合い専用ロックタイトを塗布して圧入。しっかり組み込む事が出来ました。

それと同僚が会社の取引先より入手したワンウェイベアリングを1つ譲って貰いましたが、ワンウェイベアリングへの刻印が全く一緒。間違いなく同一品でした。入手経路も確保できたことだし、これで壊れても安心です。

そうそう。その同僚がワンウェイベアリングとシャフトについて色々調べてました。
仕事柄普段からベアリングを取り扱っているのでかなり詳細なレポになっています。
気になる方は一度見てやって下さい。 ☆こちらからどうぞ☆

関連記事

コメント

こんにちは~。
ワンウェイとのはめあいが…ということで滑ったとのことですが、

いきなりワンウェイ交換する前にベアリング本体とプーリーに合いマークをいれておけば本当に滑っていたかどうかわかったんですが・・・。
もしはめあいが悪くプーリーとワンウェイがずれるのであればマークがずれていたはずなので。

このブログをみたのが今ごろだったので手遅れではありますが。

もし今後同様なことがあったらお試しください。

  • [2009/10/08 15:20]
  • URL |
  • 一応メカ屋やってます~。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントどうもです。
ここには書いてませんが滑った原因はプーリーとの嵌め合い部ではありませんでした。
合いマークの件は次の機会に取っておきます(;^ω^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/625-d4e9b099

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。