スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンテで不調回復なるか? 

昨日も会社で昼休みに定常円旋回の追走練習をしてたんだけど、どうも上手く続かない。滑りが悪いというかカウンターが当たるには当たるけどフルカウンターまでいかないでイマイチ感触が悪い。
同じ場所をグルグル走り回ってるから床の塗装が剥がれてきてグリップ感が変わったのかも?と同僚と考えたりするも、うちのTA05フラップコンバのメンテ不足も原因の一つな様で。

で、シャーシを家に持ち帰りダンパーのオーバーホールをする事に。

昨夜は嫁が手抜きして夕飯がケンチキだった為、ビールをいつも以上に飲んでしまい早々に就寝。
で2時半に目が覚め・・・そのまま作業する事に(w

最初にタイヤの交換からスタート。
いつも愛用しているASDタイヤがカナリ摩耗してきたので今回はホイール毎交換してみました。
何を装着するか迷いましたが今回チョイスしたのはスピードウェイパルのスライドマスターFM。メッシュ部がゴールドの奴です。
オフセットはフロントが+7、リアが+10。これでホイールは少しはみ出しますが、ASDタイヤの形状からタイヤは干渉しないギリギリの所で収まってます。ダンパーをストロークさせても問題ないので走行にも支障はないでしょう。

キャンバー角をもう少し付ければ見た目もより格好良くなりそうですが、フロントはこれ以上キャンバーを付けるとスイングシャフトが干渉しそうなので短い44ミリスイングシャフトを用意出来るまでは現状のままかな?ちなみに現状では確か-3程度だったと記憶してます。

あ、画像に納めるのを忘れてるわ・・・また後日うpします。

その後、メインであるダンパーのオーバーホールに移行。

メンテ中。

シャーシからダンパーを取り外し、フロント側からバラして掃除していきます。
今回はシール類(OP.574)ダイヤフラム(OP.576)も交換します。
Oリングには定番のグリーンスライムを塗り込んでから組み付け。
ダンパーオイルは前回同様タミヤ600番を入れておきました。

でエア抜きしてる間にリアダンパーに着手。
取り外したダンパーを見るとカナリ汚れちゃってます。路面の塗装カスがびっちり。

粉付きダンパー。

リアダンパーはヌケヌケで縮めても戻ってきません(;^ω^)
やっぱ150番は柔らかすぎて抜けやすいのかなぁ・・・。
って事で今回は少し固めのタミヤ200番を入れる事に。
しかしダンパーオイルを入れてから気付いたのですが、シール類のうち一番下に来るアレを入れ忘れてました Σ(゚д゚lll)ガーン
やむを得ずダンパーオイルを一旦ボトルに戻し、シール類を組み替えて再度復旧。
この時点で時刻は5時半を過ぎてました。急いで復旧しなきゃ仕事に間に合わないってぇのに・・・。

結局ダンパーのオーバーホールが完了した時点で作業は終了。シャーシへの取付は諦めました。
片付けをしてる間に6時を過ぎ、いつも起きる時間に。携帯のアラームが鳴り始めました。
いつもは自宅で朝食を食べないのですが、今日は余裕があるのと起きてる時間が長かったので腹が減った為、ベーコンエッグを作ってトーストと一緒に食べてから出社。

あれ?この生活リズム、案外アリかも?

関連記事

コメント

私もそろそろタイヤ交換時期i-219
残り1mm程度まで使うのは久し振りです。
ケツカキで走ってるとタイヤの減りが当然違ってきますよね。
走った後に前後で温度の違いが歴然です。

超早寝早起きですねww
私は生活リズムがバラバラです^^;

ケツカキだとリアタイヤのヘリが早いですねホント。
いつもフロントタイヤだけチェックしてたのでリアタイヤ見て
びっくりしました(w

そーだ。タイヤ注文しなきゃいけないんだっけ。
また後程メールします(=゚ω゚)ノ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/612-93c6e274

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。