スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手応えアリ!! 

昨夜はいつものようにSNS仲間と闇練でした。

少し早めに支度が出来た俺は現地に22時頃到着。
まだ誰も来ていなかったのでディッシュパイロンで小さめのオーバルコースを造って練習する事に。

今回が3Drレビンでの初走行となるのでボロボロになる前に記念撮影。

3Drレビン初使用。
3Drレビン初使用(リア)

うーん雰囲気満点。格好良すぎ(*´д`*)ハァハァ

撮影も済んだところでいよいよ走行練習。
今回事前に組んだ13Tセンターワンウェイの効果がどれだけのものか気になるところ。
まず手始めにと定常円旋回から。
以前の前後比140%弱の頃と比較し、明らかにカウンターが当てやすく維持出来ます。
今回の13Tセンターワンウェイの導入により前後比169%になりましたが、その効果が早くも現れています。

そこで今度はオーバルコースを周回してみます。
ストレート部分から横に向け、カウンターを維持しつつスロットルを緩めイン側を通過、そのままカウンターを当てたまま次のストレート部分まで繋げます。これを繰り返し練習しましたが以前よりリアの巻き込み具合も多く前後の回転差から来るフロントの「引っかかり感」も増してイイ感じです。
周回を重ねるにつれ、段々とカウンター量も増えてきました。

次に広いスペースで3発振りの練習。
いつも通りの感覚でいくと・・・全く駄目。2発目の振り返しでスピン。
前後差が大きすぎてお手々が付いていけません(;・∀・)
何度か練習するも以前と同じ感覚ではスピンするだけなのでリアのリバウンドを増やしてみる事に。
暗い車内での調整なのでリバウンドストロークは計測せず、サスアームのイモネジを左右とも3/4回転緩めるだけ。
コレで再度走らせてみると、さっきまでより幾分マシになった感じ。ただスロットルとステアのタイミングをミスるとスピンします。思い通りには走れずイライラが募ります。

そうこうしてるといつもの面々が到着。
いつもどおりワイワイ言いながらマターリ走行。
ここでうちのTA05フラップコンバをみんなに試乗して貰う。
色んな意見があったが概ね好印象。ただ油断ならない操作が難しいようで。
そこでGo-genさんとプロポのTH-EXPOについてあーだこーだ言いながら色々設定し試してみる。
数値を上下させたりスロットルカーブを変化させたり小一時間調整したが、結局普通に-70にしたのが一番好印象でコーナー終盤でもカウンターをキープ出来た。
リポバッテリーを4本分走り込む頃にはフルカウンターでコーナーを抜ける事も出来るようになり、今回のプーリー交換は成功ですヽ(´ー`)ノ

ただスピードが乗ってからの切り返しがやはり難しく、ST-EXPOも弄ってみるが問題は俺のお手々なようで。これからもっと修行して安定した走行が出来るよう頑張らなきゃ。来週はSNSドリミだしね。
でもクリップ取れる自信がありません orz

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/608-12fdd1b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。