スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーロゴの作り方。 

今日はちょっと便利な情報を少し。

ボディ製作時に付属するデカールを貼るだけではオリジナリティが出ず人と同じ物しか出来ないので、皆さん色々工夫していると思います。
特にストリート系ボディを製作する際には好きなスポンサーロゴを貼りたいけど作るのが難しい&面倒だ・・・って事が多いんじゃないでしょうか?

今回はそんな悩みが解消出来る「比較的」簡単なスポンサーロゴのデカール製作方法を紹介します。

まずスポンサーロゴのデータを入手しましょう。
入手方法は、従来ならそのスポンサーの公式サイトに出向いて画像を利用するなり雑誌等から活用するのが普通でしたが、最近では便利なこんな便利なサイトがあります。

ロゴタンク|EPSロゴデータ集

このサイトは簡単に言えば世界中の様々なスポンサーロゴを無料公開しているサイトです。
欲しいロゴデータを検索すれば簡単にEPS形式のデータとしてダウンロード出来ます。
(検索は英文検索のみ対応)
注意:ダウンロードのスポンサーロゴの利用については上記サイトを確認の上、ご利用下さい。

で、ダウンロードしたデータを使うんですが、このEPS形式のデータ。耳慣れない形式ですよね?
この形式は「Illustrator」や「Photoshop」で編集出来るデータなのですが、実はmicrosoft社の「Excel」や「word」でも利用出来るんです。今回は「Excel」をベースに紹介したいと思います。

「Excel」を起動させ、メニューバーから「挿入→図→ファイルから」をクリックします。
EPSデータの挿入方法

すると挿入する画像データを選ぶウインドウが出てきます。ここでダウンロードしたEPS形式のデータを選べばスポンサーロゴを挿入する事が出来ます。
後は適当なサイズに変更してシール用紙に印刷するだけ。簡単でしょ?
挿入したスポンサーロゴは右クリックして「グループ化→グループ解除」をすればデータを分割出来、スポンサーロゴの改変も可能です。

ロゴタンクでは多種多様なスポンサーロゴが取り扱われており、車関係もかなりの数が公開されています。
気になるスポンサー名を英文で検索してみて下さい。結構出てきますよ。
ただ何度も言いますがデータの利用についてはくれぐれも注意して下さいね。

また同じようにロゴデータを公開しているサイトをもう1つ紹介。

TM-R

こちらも同じように様々なスポンサーロゴを無料公開してくれています。
ロゴタンクと比べると、その数は少なめですが、ジャンル分けをして日本語検索も可能なので結構便利です。
ただ、こちらのサイトでダウンロード出来るファイルがsit形式の圧縮ファイルなんですが、この形式の圧縮ファイルを解凍するソフトが一般的でなく、海外サイトからダウンロードするしか無いんですよね。
一度ダウンロードして使用してみましたが、当然英文で表示されます。ま、圧縮ファイルを解凍する程度なら何とかなるんですが・・・面倒ですよね。

そんなときはキーボードにある「PrintScreen」キーを押して画面丸ごとコピーしちゃいましょう。
んで「ペイント」を起動して貼り付け、必要なスポンサーロゴだけを切り取ってしまえばOK♪
TM-Rは表示されるスポンサーロゴが比較的大きめなのでこの方法でも綺麗に印刷出来ると思います。

どうです?結構役立ちそうでしょ?
うまく活用し、カッコイイボディを製作しちゃってくださいヽ(´ー`)ノ

「これは良い!」と思った方は↓の拍手ボタンをクリックしてね♪

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/563-a318556c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。