スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あると思います。 

昨夜のSNSドリミにも使用したTRF414M。

リアモーターレイアウトで最近のケツカキ仕様でのカウンター走行で主流になりつつあるOTA-RCERと相反する形なんですが、コレが結構良いんですよね。

ゴキゲンなTRF414M

何が良いかというと、まずリアモーターレイアウトの関係でリアのトラクションがカナリ掛かります。
これは結構重要な事だと考えています。
リアのトラクションが良く掛かれば、その分フロントを逃がしてカウンターが当てやすくなりますし、コントロール性もアップします。スロットルに対してリニアに反応し思い通りに動いてくれるようになります。

それと荷重がリヤに寄っている為、シャーシ自体がオーバーステアな挙動で他のシャーシと比べ、ケツカキ度が低くてもカウンター走行がしやすいような感じです。
スロットルオフでの巻き込む感覚も他のシャーシより強く、コーナー立ち上がり直前のカウンターを維持するのが難しい場面でもスロットル操作で比較的カウンターを維持しやすい印象もあります。
また切り返し時もキビキビした動きでブレーキを入れることなくスパッと向きが変わるのも心地よいですね。

いつも闇練・SNSドリミに参加して貰ってるメンバーも同じレイアウトのTA04をケツカキ仕様にして走らせてますが、最初こそ苦労してましたが最近ではかなりカウンター走行が安定して出来るようになってきています。
先日のSNSドリミ後の雑談時にも「これからはリアモーター(レイアウト)の時代が来るよ!」的な話をしてたり。

TRF414Mにハチロク搭載。

でも実際面白いシャーシですよホント。
少しクセの強い感じもしますが、セッティングが決まればカナリ楽しめるかと思います。

案外どっかのメーカーがリアモーターレイアウトのシャーシを企画してるかも?(w

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/561-cf88f13c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。