スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーリー加工。 

昨日からのTRF414Mケツカキ化に伴うプーリー加工について。

まずフロント用36Tプーリーのリブを削り取る方法ですが、地道にカッターナイフやヤスリで削ってもいいんですが時間が掛かるのと綺麗に仕上げるのが困難なので俺はこんな方法でやってみました。

ボール盤で加工。

プーリーに適当なボルトとナットを使いボール盤に固定して回転させながらヤスリを当てて削りました。
これなら外周を簡単かつ綺麗に仕上げる事が出来ます。
ちなみに画像は撮影の為、ボール盤は動かしていません。

これでプーリーのリブはこんな感じになりました。
36Tプーリー加工後

もう少し削っても良かったのですが、これでもシャーシとの干渉は防げるはずなのでこの程度で。

次はリア側プーリー。
こちらは厚みを削って薄くするのと、830ベアリングを挿入しなきゃならないので少々手間が掛かります。

まず最初にボール盤に8ミリのドリル歯を着け穴を拡大しました。
と言っても貫通させるのではなく、ベアリングが入る程度に止めます。貫通させると強度的に不安なので。
その後、グラインダーを使って厚みを削って薄くしました。

で、完成。
ボールベアリング挿入後

センタープーリー加工後

少し薄く削りすぎたかな?まっすぐ削れてないし(;^ω^)
それでもベアリングはしっかり固定出来ましたし概ねOKでしょう。
あとはベアリングに瞬間接着剤を流し込んで固定するだけです。
本来ここはベアリングじゃなくてもいい訳ですし下手に回ってもらっちゃ困りますしね。
ちなみにセンターシャフトへの固定はイモネジを2本使って挟み込む様にする予定。
イモネジ取付側の穴がセンターシャフトより大きいままなのでイモネジ1本では中央に固定出来ない為、反対側から挟む様に固定する計画。強度的に不安ですがどうなることやら。

これで後はシャーシに組み込むのみ。
今晩にでも完成出来るかな?頑張って闇練に持って行ける様にしなきゃ。

関連記事

コメント

お世話になってます(^-^)/
加工、すごいですねー!
以前BDの40プーリをフリーハンドで同じように加工しようとしたらボロボロになりました‥こんな機械がうらやましいです^^;
なかなか楽しみなシャーシですね♪
ギヤ比の計算わかりました?SNSの方にもコメントなかったので‥あってるかどうかはわかりませんが‥たぶん^^;

前 36÷15 で 2.4
後 32÷19 で 1.68
前後比 2.4÷1.68 で 1.42

になると思います!
前が1回転すると後ろが1.42回転するってことですよね^^;?
中途半端ですいません

どもども。
タイヤ回転数の件ですが、この記事を打ち込んだ後に
計算してその値に辿り着く事が出来ました。
レス頂いて正しい事が判明し嬉しい限りです(w

しかしこの計算をすると解るんですがデフプーリーより
センタープーリーを弄る方が影響大なんですよね。
同じ1T差でも回転差はセンタープーリーを弄る方が
大きくなりますからね。

TA05フラップコンバのリアセンタープーリーに23Tでも
ぶち込んだら面白いだろうなぁ・・・。
でもギア比が心配だ(;^ω^)

そうなんですよね~ だから「○○枚差」って表現してもデフかセンターかで厳密には違うってことですよね^^
23Tいれたら即強ケツカキ車ですね ̄ー ̄v楽しみにしてます^^;
ギヤ比こないだ計算したらリア5.5くらいでした(・・;)
気をつけないとですよね~^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/553-185a30f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。