スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車高が下がりません。 

先日製作したR32GT-Rボディ。

コレ用に購入したHPI製ホイールXC8のオフセット+3ミリにASDタイヤを装着しTA05フラップコンバに取り付けた上でボディを被せてみたんですが・・・ハミタイです。まぁここまでは予想通り。

で、キャンバー角を前後とも-4度付けてみると、タイヤはフェンダー内に収まったがボディの取付位置が高い。特にリアが高く見た目の車高が高くて格好悪い。
で、-6度までキャンバー角を付けるも、依然リアの車高が高いまま。

画像を見れば良く解るかな?
フロント。
フロントの車高
ステアが最大に切れている状態。とりあえず干渉は無さそうですが走行出来るかは微妙な高さ。

リア。
リアの車高
こんな状態。これでもキャンバー角は-6度ですから。これ以上キャンバー角を付けるのは現実的じゃないしオーバーフェンダーを付けてイケるかどうか・・・って感じでしょうか。

手元にオフセット+2のホイールもあるんでそっちに交換しなきゃ無理っぽい。
やっぱタミヤボディは幅が狭いねぇ・・・実測で186ミリ位?そりゃオフ+3は無理か(´・ω・`)

週末の走行に備え、タイヤを減らさなきゃなんないってぇのにこんな事してる場合じゃないのに・・・。
出来れば週末の走行でこのボディを下ろしたかったんだけどまだ電飾が完成してない。
もう使ってないエスティマから電飾移植すれば早いけどなぁ・・・どうしたものか。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/546-b6e5af46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。