スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hな羽根。 

先日臨時収入があった為、かねてより狙っていた物をヲクで購入。
今日届いたのでTA05フラップコンバに装着してみました。
その物とは・・・

Hobbywing製ブラシレスセット

Hobbywing製EZRUNブラシレスセットです。
以前より2ちゃんブラシレススレでも好評でSNS内の使用者からのお墨付きもあり購入に至りました。
現在使用中のYEAHRACING製ブラシレスの元祖とも言えるモデルです。

5.5Tモーターに60Aアンプ。

中身をチェック。
モーターは5.5Tの6000KV。文句なしの値です。
アンプも60A対応の物で余裕の容量。これで多い日も安心です。
ちなみに即決価格15000円で落札。やや高い気もしますが、動作確認済みだったのと、落札価格の相場が14000~15000円程度だったのもあってポチっと逝っちゃいました。
本当は年始早々のドル安の時期に海外通販しておけばもっと安く手に入れられたんでしょうが、懐事情が悪く・・・ま、良いか。

今回コレを購入した理由は、YEAHRACING製ブラシレスは性能的には問題無いのですが、パワー的に余裕が無くカーペット路面などの高グリップ路面ではややパワー不足を感じたり、モーターの引っかかり感が出たりもしたので、それ以上に高性能なHobbywing製ブラシレスを試してみたくなったって訳でして。
で余ったYEAHRACING製ブラシレスをTA03Fに積み、こちらもカウンター走行がしやすいようにしようという魂胆もあったりします。

で、サクッと取付。

TA05フラップコンバに取付

アンプからモーターのケーブルを直接半田付けしたため、見た目にもスッキリしてイイ感じ。

キャパシタはこの位置。

YEAHRACING製ブラシレスには付属していなかったキャパシタはこの位置に。
アンプ側面に両面テープで貼り付けて固定しています。
SNS登録者での情報では日本製のコンデンサが使用されているようで。これがスムーズに回るキモなのかも?

その後、アンプの初期設定。
プロポの電源を入れ、アンプの設定ボタンを押しながらスイッチオンで設定モードへ。
スロットルをニュートラルの位置にして設定ボタンを1回押し、
フルスロットルの位置で再び設定ボタンを1回押し、
最後にバックに最大まで握った位置で設定ボタンを1回押して設定は完了。

引き続いてアンプのセッティングを変更します。
設定値についてはYEAHRACING製ブラシレスの時と同じ値にしました。
参考までに書くと、ニュートラルブレーキを1段階下げ、パンチを1段階弱めました。
またリポカットを3.2Vにて設定。これで安心してリポも使用出来ます。
ちなみにYEAHRACING製ブラシレスに付属のセッティングカードでも設定変更出来ました(w

んでもって動作チェックの為に自宅前でほんの少し試走してみました。
操作感はYEAHRACING製ブラシレスと同じ感じで引っかかりもなく実にスムーズ。
深夜なのでフルスロットルには出来ませんでしたが、期待出来そうです。

明日はSNSドリミ。Hobbywing製ブラシレスに変更してどう影響するのか楽しみ。
早々に敗退し言い訳の原因にならないよう頑張らなきゃ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/512-4cbdd15b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。