スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと7T差に。 

少し御無沙汰してました。
と言うのも今週は水曜に風邪を引いたのか熱が39.4度まで上がって身動きが取れずPCに向かう気力すら無かったもので・・・。

何とか今日になって完全回復を遂げる事が出来たので、暇を見てTA05フラップコンバのケツカキ度をUPしてみました。今回の変更でようやく7T差。これでどこまでカウンターが維持出来るか楽しみです。

今回変更するに当たって用意した物はこちら。
TA04ボールデフプーリー(32T)

TA04ボールデフプーリー(32T)。それと・・・

YOROベルト。

ようろうさんが販売しているオーダーメイドのドライブベルトです。
勿論今回のプーリー変更に対応したサイズで注文しています。
注文時には使用シャーシや使用予定のプーリー等を連絡すれば適当なサイズを見繕ってくれるので安心です。また心配な場合は注文前に掲示板で質問すればOK。
ちなみに2月中なら1本送料込み1100円で購入出来ます。

ここで確認の意味で現在のプーリー仕様を。
フロント:37Tフロントワンウェイプーリー(DB01)
センターF側:センターワンウェイ(16T)
センターR側:18Tセンタープーリー
リア:TA04ボールデフプーリー(32T)

まずはリアのボールデフの摘出。
プーリーを現状のTRF415用35Tと交換するだけです。TA04ボールデフプーリーは通常デフボールが10個必要ですが、今回はリジッドデフ気味に使用したいので5個使用し1つ飛びにデフボールを入れています。

デフボールは1つ飛ばしで。

あとはキャップスクリューが折れない程度に締め込んで終了。
次はベルトを交換する為の作業です。

TA05フラップコンバでリアのベルトを交換するには、アッパーデッキ、センタープーリー、リアステフナー、リアサスマウントのフロント側を外さなければいけません。うーん面倒・・・でも頑張ります。

まずアッパーデッキ。これは簡単に外れます。
でセンタープーリーを外して念の為にとチェックすると・・・プーリーがカナリ摩耗しています。

摩耗した18Tセンタープーリー

こちらがリアに使用していた18Tセンタープーリー。カナリ尖ってきています。
新品と比較すると一目稜線。

新品との比較。

気付いて良かった・・・と一安心したのも束の間、良く見るとセンターワンウェイのプーリーも逝ってます。

センターワンウェイのプーリーも・・・。

よくもまぁココまで減るモンで・・・(;・∀・)
でも2年近く使ってるような気もするんで仕方ないか。プーリーだけ売ってないんで買い換えなきゃ。
ブツクサ言いながら18Tセンタープーリーのみ新品と交換して再度組み立て。
ここでついでにとスパーギアも交換。48ピッチの78Tから80Tへと変更した。
理由はカーペット路面での走行時にモーターに負担が掛かっていた為。78Tではピニオンが23T以下は取り付けられずギア比を下げきれなかったのでスパーを大きくしたって訳。
80Tに変更してピニオンを22Tにすればギア比は8.18になるからカーペット路面でも多分OKだろう。

その後は順調に作業が進み、リアステフナー、サスマウントを外しベルトを取り替え、元通りに復旧。
今回注文したYOROベルトも寸法バッチリでバルクヘッド内のベルトテンショナーはほぼ中央でOKでした。

なんやかんやで2時間程掛かって作業終了。

作業終了。

たまらず自宅前で1分だけ走らせてみたが、以前よりリアが巻くのが素敵でした(*´д`*)ハァハァ
これで修行してフルカウンター走行が出来るよう頑張ります(`・ω・´)シャキーン


ただ明日のSNSドリミで乗りこなせるかが心配ですが (゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/503-4ff2e386

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。