スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の成果。 

昨夜は大阪某所でSNS仲間と闇練でした。

まず最初にR/Cvillageさんから届いたばかりのDF-03Raを試乗。
しかし時折起こるノーコンの為、思うような操作が出来ない。プロポ側でニュートラル位置を変更すると幾分改善されたが、完全ではない。今度受信機を2.4GHzに変更してみるかな。

ただシャーシ自体の挙動は悪くなく、むしろ好印象。
リアヘビーなシャーシのお陰で自然とリアが出る感じなんだけど、これがケツカキ仕様の挙動に似ていて面白い。リズムに乗れればカウンターも結構当たっちゃう。
店長さんが自信があると言ってた理由が解りました。こりゃ良いわ。
試乗した他のメンバーは「TA04の挙動に近い」との事。そーいやTA04とモーター位置は近いもんね。
ノーコンが改善されればもうちょっと掘り下げた試乗インプレをしますんでしばしお待ちを。

その後は来週のSNSドリミに備えてTA05フラップコンバで練習走行。
事前にYEAHRACING製ブラシレスアンプの設定を変更。

アンプの設定変更

スタートモード(パンチ)標準の「Aggressive」から「Normal」に変更。
理由はネット巡回時に「アンプの設定でパンチを抑えた方がスムーズに回る」と言うのを何処かで見掛けたもんで試してみました。

これで走行してみると、確かにスロットルを入れた瞬間のパワフルさは少し控えめになった感じ。
ただ低速ターンでの反応は良くなった感じでレスポンスも良く好印象。
ここでプロポ側よりちょっと設定変更。

EXPOを+20。

TH-EXPOにてスロットルを少し入れた辺りから+20に設定してみました。
これがビンゴ!レスポンスが良いままパワフルさもあって扱いやすくなりました。
また微妙な操作が出来るようになったお陰でカウンターも維持しやすくなり、簡易コースをステアを内側に切ることなく走行する事が出来るようになりました。スロットルをほんの少し抜いた際にスッとリアが流れ、カウンターを維持したままコーナーがクリア出来ます。イイ感じですわ。
みんながプロポを弄る理由が解りました(^^;

これは先日の切れ角UP加工の恩恵も有ると思います。
以前よりハーフスピンになるような事も減り、コントロール域が増えたような印象。
見た目的にも以前よりイイ感じです。
とは言えフルカウンター走行は流石に無理。もうちょっとケツカキ度を増してみるかな?
フロントにサイクロンの39Tプーリーを入れてベルトをTA05-IFS用に交換すればいけそうだし。

そんなこんなでリポ6本分ガッツリ走行。
途中からみんなで追走練習したりして5時間弱。
シメの吉野家も忘れず帰路に就きました。

来週のSNSドリミ、なんだか逝けそうな気がする~♪

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/502-b73f26a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。