スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れ角UPが一段落。 

今日も先日から取り掛かっているTA05フラップコンバの切れ角UP作業です。

前回判明したハブキャリア(Cハブ)との干渉を改善すべく削る事にしました。
まずは左側。何故か右側より先に左側が干渉するもんで。
サスアームよりハブキャリアを取り外しカッターナイフとヤスリで削ります。

ハブキャリアを削り・・・間違い

・・・・ってこっち側は干渉する場所じゃなかった・・・(|| ゚Д゚)ガーン!!
干渉するのは内側の方でした。改めて削り直してサスアームへ装着。

削り直してサスアームへ

この後、アップライト等を復旧して切れ角を確認します。
改善されたかな?と期待しながらステアを切ると・・・思った程切れていません。
ハブキャリアとアップライトの干渉はありませんが、切れ角は変わっていません。
おかしいなぁ・・・と各部をチェックすると更なる干渉箇所を発見。

ステアリングワイパーが干渉

ステアリングワイパーとタイロッドエンドが干渉していました。
そこでタイロッドエンドの干渉部分を少し削る事に。

タイロッドエンドを削る

これで再び装着するも・・・切れ角はそのまま。
よくよく見ると、ステアリンクに付くピロボールの六角部分とステアリングワイパーが干渉している様子。その為、タイロッドエンドを削っても効果は無かったようで・・・。
これを改善するにはステアリングワイパーを削るかステアリンクを自作するか・・・どうしたものか。
あ、ステアリングワイパーを組み替えて使えばイケるかな?ま、今回はひとまずここまでとします。

先日削ったステフナーも装着。

削ったステフナーを装着

画像はステアをいっぱいに切った状態で撮影しています。
ご覧の通り干渉は皆無。うまく加工出来たと思いますヽ(´ー`)ノ

今回の切れ角UPの効果をプロポで見るとこんな感じです。

プロポで見る切れ角

加工前は左右とも100%で使用していましたが、左側が110%、右側が最大値の120%まで切れるようになりました。実際の限界はもう少し切れるんですがサーボがジリジリと文句を言わないのがこの値となりますので走行するならこれが限界でしょうか。

加工前と加工後の切れ角を比較すると・・・
こちら加工前。
無改造の切れ角

こちらは加工後。
加工後の切れ角

ウレタンバンパーとタイヤの隙間を見れば解りやすいですが、見た目的にも少しは切れ角が上がったかな。本音言えばもうちょっと切れて欲しいんですがね・・・ひとまずこれで走り込む事にします。

オマケにボディ装着時の切れ角。

ボディ装着後。

やっぱOTA-Rには敵わないですねぇ・・・。
でもフラップコンバで頑張りますよ~(`・ω・´)シャキーン

関連記事

コメント

初めまして

blog拝見させてもらってます自分のもステアリングアームが当たりそれ以上キレカク増やせないんですが組み替えとありますが、どうしたらいんでしょうか?

ピロボールの向きを上下変えるとかするとイケそうな感じですが
まだ試してないので何とも言えません。
また機会を見て試してみますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/500-acfd33ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。