スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の課題。 

先日のSNSドリミのフリー走行の際に、ストリートジャムのワークスドライバー、○走くんにお願いしてTA03FとTA05フラップコンバに試乗して頂きました。

まずTA03F。
数周走らせて感覚を掴んでからの走行でバッチリとカウンター走行をされてしまいました。
当然ながら俺より上手く走られてくれます。
ただ時折切り返しの時にそのままハーフスピンになる事がしばしば。
「リアのトラクションの掛かりが悪いですねぇ」との指摘。

そーなんです。実はスプリングはソフトなんですが車高が上がらずスプリングが縮まっている状態で固さ的にはハード並みになってしまってたんですよね・・・。
ダンパー組み直してダンパー長を長くしてみるかな。ウエイト積むのもアリかも?

次にTA05フラップコンバ。
こちらも無難に乗りこなしてくれます。カウンター走行もバッチリ。
でも「切れ角が少ないからカウンターが当たってるか微妙・・・」との事。
確かにOTA-Rと比較すると雲泥の差。OTA-Rではタイヤとダンパーが当たりそうなくらいまで切れるのに対し、うちのTA05フラップコンバはダンパーとタイヤの間隔が10ミリくらいあります。
切れ角UP加工はまだしてませんので、各部を調整して切れ角UPさせなきゃ。

更に「低速でのレスポンスが悪い」との指摘も。
やっぱセンサーレスタイプのブラシレスモーターでは限界があるようで・・・。
普段あまり気にならなかったんですが、指摘を受けてからの走行では確かにインフィールドの低速コーナーでの立ち上がりが一瞬もたつく感じがするんですよね・・・。
ここはプロポの設定を弄ってみてみるかな。改善されれば良いんだけど。

と、数分の試走で弱点を丸裸にされてしまいましたが、逆に言えばこれらを改善すれば良くなると言う事で派手なカウンター走行が出来る様、頑張っていきます(`・ω・´)シャキーン

関連記事

コメント

さすがワークスドライバー!!
色々と指摘されてますね

この前の休日に大阪南方面へ行ったので、少しケツカキパーツを購入しました。
自分のマシンでもセッティングの
参考にさせてもらいます(笑)

やっぱ上手い人に乗って貰えると自分じゃ気付けない部分を
知る事が出来て良いねホント。

ケツカキ仕様に変更ですな?
茨の道ですがお互い頑張ろうヽ(´ー`)ノ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/497-5a8b8bd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。