スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜の作業。 

今夜は比較的早くに子供が寝てくれたので色々やってみました。

まず最初にこんな物を作ってみました。
100均ライトを改造。

以前100均で購入したライトを改造してみました。
改造ポイントは元々はクリプトン球が1つ付いてたのをFluxLED4つに変更。
FluxLED4つ取付。
これでカナリ明るくなりました。

で、電源も元々は単3電池4本を使用するようになってましたが、乾電池を使用せずLEDからの配線に小さなワニ口クリップを取り付け、ストレートパックやバラセルを電源に使用出来るようにしました。
ストレートパックが電源。
これで闇練時の作業も明るく行えます。

次に3PKSに使用しているYEAH RACING製リポバッテリーの固定をしました。
実は導入してから今に至るまでずっとスカスカのまま使用してました(w
で今回使用した素材は100均で売られている隙間テープ。
100均の隙間テープ
ゴムスポンジ素材で適度に硬く弾力性があります。
これを3PKSの電池ケース内壁に適当に貼り付け、リポバッテリーが動かないようにしました。
リポバッテリーを固定。
画像では解りづらいかもしれませんが、しっかり固定出来、動く事はなくなりました。

続いて今度は久々にドリパケを取り出してアンプとモーターを積み替えました。
今回載せるアンプとモーターは以前TA05フラップコンバにて使用していたMC330CRとドリフトマイスター17T
載せ替えのついでにモーターは分解清掃。ベアリングにはヨコモのドリフトオイルを注油し復旧。

で載せ替え後はこんな感じ。
ドリパケのメカ積み替え後

アンプからバッテリーへのケーブルがセンターシャフトに干渉しそうだけどギリギリ逝けそう。
しかもステルスアンテナとメッチャ近いし・・・ノーコンでないか心配。

そうそう。今日仕事帰りにダイソーに行ったらこんなアイテムを発見。
自転車の点滅空気バルブ
自転車の空気バルブのキャップがLEDにて点滅するんだとか。で振動を感知して自動的に光るんだって。以前売られていたスポークに取り付ける反射板みたいな感じかな。

早速分解。
早速分解。
中には小さな基盤に取り付けられたLED1個と振動を感知するスイッチがあるだけ。
ラジコンボディの電飾に簡単に流用出来そうです。

気になる点滅スピードは速くもなく遅くもなく。ストロボには遅いしハザードには少し速い感じ。
微妙なんだけど時間があればハザード用に使ってみようと思います。

最後に今日届いたブツを。
シビック キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
EGシビック キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

ざっとボディのの出来をチェックしてみましたが、カナリ精巧でリアル。カッコ良すぎです。
今回1枚しかボディを買いませんでしたが、あと何枚か欲しいくらい。
オーバーハングも前後とも短く、カナリクイックに動きそうな印象。
ただ残念なのは最初からTT-01用に穴が空けられている事。
フロント側はボンネットなんでカーボンシートでも貼れば良いけど、リアはルーフになるんでどうしたものやら。TA05と同じ位置だったらいいなぁ・・・。
落ち着いたらじっくり構想を練って作っていきたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/468-9fa81456

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。