スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチロク製作開始 

今夜より重い腰を上げ、コンデレ出展用のハチロクを製作開始しました。

まずはボディポストの穴空け。
使用ボディはヨコモのDRoo-P ESPELIR AE86 TRUENOとドリパケ用なんですが、TA05フラップコンバでも同じ位置で搭載可能なんでボディに付いてる目印通りにボディリーマを使って穴空け。

で余白のカット。
カッターナイフの刃を折ってからカット開始。
ヨコモボディは今回が初めてなんですが、全体的にポリカが薄いような。タミヤは逆に厚すぎるけども。
カッターで軽くなぞるくらいで十分ちぎれる。
「ちぎる」と表現するのはホントそのまんまで、カッターで完全にカットせず、筋をつける感じでなぞった後に端から折り曲げてちぎり取るんですわ。こーすると綺麗に切れるのでオススメです。カッターでの失敗も少ないしね。
しかしこりゃシューグーでしっかり補強しなきゃ長持ちしないわ。

ここでTA05フラップコンバに仮搭載。
良いねぇ・・・カッコイイ。
ホイールはエスティマ用のオフセット+3が付いていたが、やや内に入る感じ。
先日ハチロク用に購入したホイールはフロントが+5、リアが+6なんだけど、収まるかなぁ・・・。
ま、鬼キャンにすれば収まるだろうヽ(´ー`)ノ

その後TVを見ながらダラダラとマスキング。
マスキングがボディ製作のキモなんで丁寧にしてるお陰か全然進まず、フロントガラスの枠とドアガラスの枠が出来た程度。これじゃいつ塗装出来るのやら・・・。
明日はまじめにマスキングして終わらせるくらいの意気込みで行こ。

関連記事

コメント

こんばんわ。

最近お騒がせしたACCEL+Rです。
BBSでは、お世話になりました。

僕もちょっと前までヨコモせいのボディを製作していたので、思わずコメントしてしまいました。

確かにヨコモのボディ薄いですよね。
ポリ管タイヤでも正面からつっこむとすぐ割れてしまうので気おつけてくださいねw

ども。

いつもシューグーで補強してから使ってますから多少のことでは割れないですよ。
でも他社製ボディよりはヨコモ製ボディは弱く割れることもありますね。
今回のハチロクは長く使いたいんでしっかり補強しますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/447-5349da57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。