スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YEAH RACINGブラシレスモーターのインプレ。 

さてさて。先日のSNSドリミにて入手する事が出来たYEAH RACING製ブラシレスセットのインプレをしてみようと思います。

このブラシレスセット、多分日本国内にはまだ流通してないと思われます。今回は仲間の友達が個人輸入したものを譲っていただきました。

で装着後の画像。
YEAR RACING製ブラシレスセット
蒼と赤の線が反対になっているのは何故かちゃんと動かなかったので入れ替えてみたところ正常動作しました。

コレ、形状を見て貰えると解るんですがHOBBYWING製ブラシレスセットと酷似してるんですよね。
セッティングカードなんかロゴが変わってるだけ。多分HOBBYWINGのOEM製品なんでしょう。
で、そのHOBBYWING製ブラシレスがSNS仲間や2ちゃんのブラシレススレでも評判が良く値段もお仲間価格での提供だったのもあってお願いしてたんです。

で入手してすぐに現地でサクッとTA05フラップコンバに取り付け。問題無く取り付け出来ました。
次は初期設定。スロットル位置をアンプに記憶させるんですが付属説明書が英語で仲間と試行錯誤しながら設定完了。アンプのスイッチを押すタイミングがキモでした。
その後、シャーシを持ち上げた状態でスロットルを入れると非常に滑らかに回ってくれます。

早速テストラン。塩ビタイヤを履かせ適当に走ってみます。
驚く程レスポンスも良く普通に走れ違和感有りません。センサーレスタイプにありがちな引っかかり感も無く低速から中速域でも非常に滑らか。スロットル操作にもリニアに反応し微妙な動きやラフな動きにもツイてきます。
以前購入して2パックで取り外してしまったOPTION No.1のブラシレスセットとは雲泥の差です(w

しかしながらコースを周回する際に少し気になったのがニュートラルブレーキの掛かり具合。
ブラシレスモーター特有のブレーキの掛かり具合に少し戸惑いましたがニュートラルブレーキ自体はしっかり掛かりますしセッティングカードを使って効き具合も変更出来ますので、この辺は慣れとセッティング次第と言ったところでしょうか。

パワー的には10T(3900KV)と言う事もあり、ブラシモーターの19T程度で扱いやすいレベル。
パワーをプロポで絞ることなく100%でも扱いきれるので十分でしょう。

まだ現時点では入手困難な代物ですがカナリオススメ出来る逸品です。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/437-585c989b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。