スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラップコンバをメンテ。 

昨夜は久々にTA05フラップコンバをメンテしてました。

と言うのも最近まっすぐ走らない病が発症していて軽く確認すると左前輪が右前輪より少しトーインになっていたのでサスシャフトが曲がったか?と思い交換がてらのメンテナンスという訳。
ついでに以前から購入してあったカーボンステアリンクを合わせて取り付けようかなと。

まず最初にアッパーデッキを取り外しフロントステフナーを取り外す。
んでステアリングワイパーに接続されているターンバックルを外すとステアリングワイパー一式が摘出できた。
見るとベアリングに大量のタイヤカスなどが付着している。ベアリングを洗浄してやりたいのだが、ベアリングがステアリングワイパーから取り出せないのでパーツクリーナーを吹き付けた上でベアリングオイルを垂らしておいた。

その後カーボンステアリンクと接続。今までは限定クリアブルーパーツのを使用していたんだけどこれでここだけ黒カーボンになってしまった。蒼に拘ってたので少し残念だが致し方ない。
交換後は今までよりスムーズかつガタも少なくなったので良しとしよう。

で、次が本命のフロント足回り。
ターンバックルを外しサスマウントのビスを緩めサスマウントを取り外しサスアーム一式を取り外す。
その上でサスシャフトを抜き出し曲がってないかチェック。
うーん・・・曲がっていない (;・∀・)
両方確認するも曲がっておらずテーブルの上を転がしても普通に転がっていく。
ひょっとして・・・とトー調整用ターンバックルの長さをチェック。
すると左右で1ミリ弱差がありました・・・そりゃトーも狂うわな orz

折角なので準備しておいたチタンコートサスシャフトに交換しておいた。取り外したサスシャフトは予備として保管。

その後、アップライト内のベアリングを外し洗浄。
案の定、外側のベアリングは洗浄して注油してもゴリゴリが収まらず、ストックしていた新品のベアリングと交換。新品のベアリングは内側に取り付け、今まで内側で使っていたベアリングを外側に取り付けた。
この950ベアリングはホント痛みやすいねぇ・・・間にスペーサーを入れれば多少はマシになるのかなぁ・・・。

最後にユニバを分解掃除。汚れが酷かったがパーツクリーナーで綺麗に拭き取りアンチウェアグリスを塗って復旧。クロススパイダーのイモネジにはネジロック材を少し塗ってから締め付けた。

デフ周りは先日ケツカキ仕様に変更した際にメンテ済みなんでダンパーをオーバーホールすればフロント周りは完璧だが次回へ先送り。リアダンパーとまとめてオーバーホールする事に。

でメンテ完了後に1枚。
フロント周りメンテ完了。

改めてみると蒼いねぇやっぱ。
普段段差に落としたりしてるけど、もうちょっと大事に使ってやらないと・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/421-db7c7fa3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。