スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松原でコソ練。 

ここんトコ、公私ともに忙しく久々の投稿となりました。

さてさて。
先日23日は休日出勤でしたが早めに切り上げて2時間だけですが松原ドリフトスタジアムにこっそり行ってきました。

松原ドリフトスタジアムにはヨコドリの練習で一時期毎週行ってましたが、ヨコドリ以降では初めて。
とりあえずTA05フラップコンバとドリパケプラスを用意し現地到着。
コースを覗くと8名程が走行中。なかなかの盛況ぶり。
バンドの心配をしながらピットに入ると、俺以外みんな2.4GHzを使用しててビックリ。
これじゃ逆に2.4GHz買わなくても良さそうです(w

でまずはコースを周回する他のマシンの挙動をチェック。
スピード的にタイヤはABS樹脂系なのか少し遅め。
てな訳でドリパケプラスにゼロワンRの組み合わせでコースイン。
ヨコドリ時と違いモーターをゼノン23Tに変更しているのでストレートでの進入やアウトクリップへの寄せなんかは以前よりもやりやすくイイ感じなんだけど、他のマシンとスピードが合わない。俺のドリパケが遅すぎて邪魔になってしまってる。
要所要所で端によって避けるんだけど集中力が切れてしまうのでセッティング変更する事に。

ひとまずサスを交換してトラクションが掛かりやすくなるようにしてみる事に。
現状、フロントがミディアム、リアがミディアムハードなのを、フロントがソフト、リアがスーパーソフトとしてみた。リアのトラクションを稼ぎ前に出るようにとの考え。
でサスを組み付け後車高を確認するとリアが下がりすぎてしまったのでダンパーステーのダンパー取付位置を一段下に変更、これでいつものリア7.5ミリが確保出来た。

で再びコースイン。
うん、確かにトラクションが向上してるようでスロットルが以前より早く、長く開けられるようになった。
さっきよりも周回するスピードが速くなってきている。だがそれでも他のマシンに付いていくのは厳しい状況。

やっぱりタイヤかな・・・と思いながらも頑張って周回を続けてるとコースの有る部分でノーコンが出るようになりその地点に近づくとフリーズしてしまうように。
現在ドリパケプラスはAM受信機で操作してるんだけどゲームセンター内のコースなだけあって電波的には厳しいようで。
しばらくはだましだまし走らせてたんだけど、他のマシンの邪魔になる事もしばしば。
残り時間も30分程となったのでドリパケプラスからTA05フラップコンバにチェンジする事に。

TA05フラップコンバにはエスティマを載せタイヤはあんもタイヤをチョイス。
今までのストレスを発散させようと思って(ぉ

でコースイン。
使用中のドリフトマイスター17Tがヘタり気味でパワー不足、やや飛距離的に不満が残るも気持ちいいねぇ。
やっぱポリ管タイヤ、速いねぇ。今度は逆に俺だけが速くて浮いてしまってる(;・∀・)
でもしばらくすると他の方々もタイヤを替えてきたのか同じスピード域で周回しだした。
で、気付けば後ろから2台が追い掛けてきて追走状態に。
だが俺のミスで1周程で追走状態は終了。まだまだ修行が必要です(´・ω・`)

そんなこんなの2時間。あっという間という感じでした。

そうそう、初心者用のコースが新たに用意されてました。
広さにして8畳程の正方形のスペースで中央に三角形に配置された角材があり、それをくるくる回って練習するような感じ。試しに走らせると定常円旋回の練習にはもってこいという感じでインベタや壁寄せの練習も出来て案外面白い。
それとラジコンレンタルも始めた様子。ゲームセンター内なんで見ていて興味が出てきた人をターゲットにしてるんでしょうね。どんなマシンが借りられるのかちょっと気になる。ま、TT-01でしょうね。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/411-2540b8c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。