スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリフトパッケージプラスのインプレ。 

昨日、仕事が終わってから松原ドリフトスタジアムへドリパケプラスのシェイクダウンに行ってきました。

今回はヨコモのドリフトミーティングを想定し、ゼロワンRでカーペット路面を攻略する為のセッティングを探るべく色々試してみました。

まずは完全素組状態から。
デフは全てリジッド、キャンバーも説明書通りでサスもキット付属。
タイヤはサーキットに来る前に会社で1パック走らせた為、若干すり減ってますが樹脂リングがまだゴム部とツライチにはなってない状態。

早速コースイン。
最初に感じたのがレスポンスの良さ。
TA05と比べるとスロットルに対してシャープに動く。その為、コース周回するにもライン修正がしやすいような。

また今回初めてのカーペット路面でのゼロワンRだが、思ったよりも遅くなく面白い。これで追走練習すればちょうど良いかな。
モーターがドリミ指定の27Tなのだが、これでも十分イケル。ギア比を少し見直す必要はありそうだけど。

しかしデフが全てリジッドなのでアンダーがキツイ。でもコーナー進入時にきっかけをしっかり作ってやれば問題なく、飛距離もそこそこ出てコレがまた悪くない。でも流石にインフィールドのタイトな切り返しではもっさりした動きになってしまうが・・・。
そんなこんなでこの仕様のまま2パック走行。

ここでフロントデフをボールデフに変更。他のセッティングは弄らず。
ボールデフは完成済みのものを使用し、効き調整等はせず購入時のまま。
これでコースイン。リジッドデフと比較すると、フロントノーズの入りが良くなった感じ。
変なアンダーも出にくく走りやすくなった。
ただストレートから1コーナーの大きなRでは飛距離が短くなった様な気もする。リジッドデフの時の方が楽にアウトクリップに寄せられた様な・・・。
色々考えながらもこの仕様で2パック走行。途中、マー坊さんに動画撮影して貰うもカメラが回ると何故か上手く周回出来ない(言い訳

次なる変更はセンターワンウェイ。ピットでいそいそと組み込みます。
この時に初めてセッティングと呼べる作業に取り掛かりました。
まず車高。今までTA05で好感触だったフロント:7.0mm、リア:7.5mmに調整。ちなみに元々は8ミリ以上。
またキャンバー角を前後とも-3度から-4度に変更。
これでコースインすると・・・イイ感じ♪
センターワンウェイを入れた事により、スロットルオフでのきっかけ作りが以前より容易になり、またインフィールドでの切り返しもブレーキを入れれば切れの良いターンで心地よい。

ドリパケプラスのセンターワンウェイってTA05のセンターワンウェイの感覚から言うとクイックな印象。
やはり駆動系のレスポンスはシャフトドライブが優勢なようで。

ただボールデフ導入時にも感じた事だが、横向けてからの飛距離が伸びない様な・・・。
飛距離だけを考えれば F:リジッド R:リジッド C:ノーマル かな?
でもコントロール性まで考慮すればやはり F:ボールデフ R:リジッド C:ワンウェイ かと。
今後はこのデフセッティングで飛距離を伸ばすセッティングを探っていきたいと思います。

そんなこんなで6時間弱走行。
途中から他のお客さんも入り交じっての走行となったけど、他のお客さんも我々の遅ドリに合わせてくれ、いつの間にか追走モードに(w
何故か俺が先頭にまわるシーンが多かったんだけど・・・。
しかし仕事でPCに向かった後にコレは流石に辛い。プロポも重いし目も疲れるしで最後の方はグダグダ。
集中力が途切れてしまい、シャーシを壊す前に撤収という運びになりました(;^ω^)

次サーキットに行くまでの課題。
 ・ゼロワンRの樹脂リングをゴム部とツライチに減らしておく
 ・ドリミで使用するボディ(180SX)を早く完成させ実践練習する

って次は明日か明後日?てかお金無いです orz

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/378-f93f9c97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。