スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリミを想定した闇練。 

昨夜は某パーキングで闇練でした。

今回はSNSメンバー5人が集結。
現地22時に集合しディッシュパイロンを使って簡易コースを設営。
オーバルコースの中央に1箇所凹みを設けた形で小さめのコース設定としました。

今回の闇練のテーマを勝手に自分で設定。
それは「クリップを取る走り。仮想ドリミ」。
今までは追走をより意識した走りであまりクリップを取る走りに専念した事がなかったのですが、ヨコドリに出るとなれば話は別。クリップを取れなきゃ話にならない。

てな訳でコース周回の際、スピードが遅くなってもクリップが取れるようなラインを意識しながら走らせていました。
最初の頃は、ただ周回するだけなら簡単なのにクリップを意識して走るのってこんなに難しいの?と思う程駄目駄目。
インクリップに寄れず、アウトクリップなんて全然届かない・・・(´・ω・`)
それでも走り込むにつれ、段々と寄れるようになってきてインクリップはほぼ取れるまでに。
ただドリフトアングルや飛距離まで考えればまだまだ落第点。色々と考えないと駄目だこりゃ。

途中でメンバーに以前使ってたゼノン23Tをコミュ研磨をしてもらった。
コミュ研磨前は16000回転しかしない「終わったモーター」でしたが、コミュ研磨後は・・・これはまた別の記事で詳細報告しますね(w


さてと・・・ヨコドリの申し込み準備しなきゃ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/368-e11eb8a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。