スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松原ドリフトスタジアムに行ってきました。 

7月26日の土曜日。
ここ最近、毎週土曜日の晩に闇練と称して練習走行をしていますが、今回は大阪・松原に新しくできたサーキット「松原ドリフトスタジアム」に行ってみました。

このサーキット、元々あるゲームセンターの一角を利用してあり、パーツ販売等はありません。
店員さんもゲームセンターの店員さんが兼務されています。

受付は自動券売機でチケットを購入して店員さんに札を貰うかたち。
気になる走行料金は1時間300円で1日券だと2000円。1日券は安めの設定ですね。

肝心のコースはと言うとカーペット路面で広さはちょっと狭い印象。
ラジコン天国貝塚店の2/3程度かな。ATC店と同じくらいかも。
仕切りは角材でマシンには優しくないです(w
ゲームセンター内って事で照明がやや暗めで電飾ボディだと綺麗でした。

ピットもさほど広くなく20名は入れない感じ。せいぜい15名までかな?
まぁコース自体も広くないしこの程度で十分でしょう。
エアコンプレッサも設置されサーキットとしては十分。

今回はSNS仲間のkobanoriさんとまなぶの3人で練習です。
他のお客さんは3名程。
諸事情があってサーキット到着が10時過ぎ。閉店まで2時間足らず。
だもんでセッティングしなおす時間も勿体ないので先日アスファルトで走らせたままの状態でコースイン。
あ、ダンパーオイルだけは以前のヨコモ150番からタミヤ300番に変更してます。

で走らせてすぐに思ったのが路面のグリップ力の高さ。
以前走らせてたアスファルトの感覚からすると全然グリップします。
当然スロットルを入れる時間も長くなりバッテリーの持ちも悪いです。
コースレイアウトは幅が若干狭くインフィールドがタイトな印象。
特にインフィールド最終部はコース幅が狭く最終コーナーに繋ぐのがちと辛い。

ただセッティング変更していないにもかかわらず、そこそこ走れちゃいました。
もう少しリアが流れる様なセッティングでも良いかな?とも思いましたがアスファルトでもカーペットでも走れるセッティングってのは理想的ですよね。
もう少し煮詰めればその理想にもっと近づけそう。頑張らないと。

今回使用していたタイヤは当サイトでも販売斡旋しているポリ管タイヤ
以前アスファルトで走らせた際もコントロールしやすく良い走りをしてくれましたが、カーペット路面でもナカナカなものでした。
絶対的なグリップ力はありませんが、適度に滑ってくれるので走行ラインを煮詰めたり追走練習をするにはちょうど良い感じです。

ただ今回ご一緒になった他のお客さん達の周回スピードが速く、恐らくタイヤがスライダー等の高グリップタイヤだったようで、同じように周回する事が出来ず迷惑かけたり苦戦しました(´・ω:;.:...

俺的には速く走るより遅くても綺麗な走行ラインでビタビタの追走の方が好み。
その為、今使ってるポリ管タイヤには非常に満足してます。

そんなこんなで閉店までガンガン走り込みバッテリー6本を使い込みました。
閉店15分前に流れる「蛍の光」に哀愁を感じつつ退店(w

総評するとコースは少し狭いものの楽しめるサーキットですね。
朝9時から夜24時まで営業してるのも嬉しいですし走行料金も納得出来る範囲だし。
駐車料金も掛からずゲームセンター内なのでギャラリーも多く空き時間にゲームする事も可能(w
なによりこの時期涼しいところで走らせられるのが一番嬉しいですが。

またちょくちょく行ってみたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/364-0e91dcf8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。