スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラップコンバのセッティングシート公開。 

これから先日のラジ天貝塚での走行で見出したセッティングについて、変更する前に現状のセッティングをメモしておこうと思い、セッティングシートに記入してみました。

今のセッティングは飛距離にこそ不満はありますが追走するにはナカナカ良い感じ。
今までで一番追走しやすいと言っても過言じゃないもんで。

折角セッティングシートに記入したんですからココで公開してみようと思います。
今セッティングに悩んでる方の参考になれば幸いです。

フラップコンバのセッティングシート
※画像をクリックすると拡大表示出来ます。

で、このセッティング内容をベースに今後飛距離とトラクションの両立を目指しリセッティングしていこうかと考えています。

さてさて、どうなることやら・・・。

関連記事

コメント

セッティングシートご馳走様です^^
アンプ、BL-FORCEなんですね!!
ショップでBL-FORCEで23Tは危ないって言われて27Tで我慢してるんですが・・・23Tつかってもだいじょぶですか??したらポチっとしちゃうんですが・・・( ̄ー ̄)ニヤ

普通に大丈夫ですよ。
スペック的には18Tまで大丈夫と明記しててような・・・。
23Tモーターではなんら問題ないですね。

おぉ♪ そうですか♪♪早速今日ポチっと‥じゃ待ち切れないので買ってきますε=┏( ・_・)┛
いつも色々ありがとうございます!

モーターは一般に回転を妨げようとする力=負荷が強いときほど多くの電流を消費し、回転が高くても負荷が軽いと意外と電流を食わなかったりします。

同じモーターを積んででも地面にへばりついた=負荷の大きいツーリングと、空転している=負荷の小さいドリフトでは消費電流が大きく違いそのせいでツーリングでは無茶と言われるBLforce等のエントリークラスESCと23Tの組み合わせもドリフトなら使えたりしますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/341-eb7cdf8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。