スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残すはシャーシのみ 

昨夜もジェネティックのフルオーバーホールの続きです。

今回はデフとダンパー。

まずはボールデフから分解掃除。
タミヤTA05のボールデフと比較すると

・効き調整はキャップスクリューではなくプラスネジ
・デフボールは12個
・スラストメタルがバラバラになる(TA05は一体型)

と言う感じ。
スラストメタルがバラバラになったのには少し戸惑ったがアンチウェア塗って組み立てれば何とか復旧出来そう。
しかし面倒な設計だよなコレ・・・そう考えれば流石はタミヤと言った感じかな。

で。今回、リアのボールデフはデフボールを全て取り除いて復旧しスプールデフとした。
面倒なスラストメタルもスプールデフには不要だろと思い取り付けず(w

フロントデフはワンウェイが装着済みだったので軽く掃除してベアリングを洗浄・注油。
何度か洗浄して回すと動きも軽くなってイイ感じになった。
ただ1つだけ音が大きいものが・・・寿命が近そう。暇見てベアリング頼まなきゃ。

次はダンパー。
ジェネティック付属のダンパーはオイルダンパーながらシェルケースが透明樹脂なのでダンパーオイルの減り具合やエア抜きの加減が一目瞭然。これはメンテしやすくて良いねぇ。

早速全バラ・・・と思いきやシェルケース下側のシール部分がはめ込み式で細いマイナスドライバーか何かでこじれば分解出来るけど逆に壊しそうな気がしたので1つはバラしたもののそのまま元に戻す事に。

やむを得ずダンパーオイルだけ交換する事に。
今手持ちにあるのがヨコモの150番しかなかったのでコレを入れる。
10分程放置してダイヤフラムを乗っけて・・・ってこれがまた収まりが悪い。
ダイヤフラムのふくらみが大きいようでTRFダンパーに比べ手間が掛かる。
それでも何とかダイヤフラムを被せる事が出来、復旧完了。溢れたダンパーオイルをパーツクリーナーで洗浄。

その後ダンパーの作動確認。奧まで押しやって手を放す・・・って帰って来ない(;^ω^)
ダンパーオイルが柔らかすぎたのかダイヤフラムがへたって来てるのか・・・。
もう面倒なのでそのまま放置(ぉ
今度はオイルを固めにしてダイヤフラムの上にスポンジでも置いてみるかな?

そんなこんなで各パーツの洗浄はこれで終了。
あとはシャーシを塗装して組み立てていくだけ。
先週末にシャーシを塗装していれば組み立てていけたんだけど週末は忙しくて塗装出来なかったんだよな・・・(´・ω・`)

てな訳で完成までしばしお待ちを。

関連記事

コメント

はじめましてっ(^-^)/

n540といいます よろしくお願いしますm(__)m
経験積むと説明書なんていらないんですね^^;
ラジドリ始めてから半年くらいですが、当初からHPの情報にお世話になってましたm(__)m
こもチックさんの真似して、TT01からステップアップにはTA05を‥って思っていたんですがひょんなきっかけで全然違うシャーシに‥^^;なっちゃったんですが、引き続きいろんな情報楽しみにしてます(^-^)/
また遊び来ますのでよろしくお願いします~m(__)m

どもどもヽ(´ー`)ノ

元々組立済みだったのをバラして再度組み付けるだけですから
バラす時に間違いやすい所を予め確認したりデジカメで撮っておくと
組立の時に間違えないですよ。

ジェネティックはABCホビーのサイトから説明書がダウンロード
出来るんでそれを見るのが一番なんですが印刷が面倒で(^^;
ある程度は経験で組み立てられるモンですよ(w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/322-4131e8eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。