スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミグラオートメッセ結果(その2) 

さてさて。

仲間と同じ組で走る事になったので潰し合わないようしなきゃと言うものの、それ以前に思うように走らないのでセッティングを見直す事に。

まずはリアのアッパーアーム。
これを短い物に交換し、バルクヘッド側の取付位置を真ん中に変更。
キャンバー変化を起こしコーナー立ち上がりのリアのトラクションを稼ぐのが狙いだ。
それから出走に備え、バッテリーに追い充電。
充電中。

先日紹介したストレートパックを2本直列にして電源にしている。
ちゃんと充電できていて一安心。
他の人はどうしてるのかな・・・と隣を見ると何やら大きなカバンの中に手を入れゴソゴソ・・・どうやら自動車用バッテリーがカバンの中に入っている様子。
持ち込み禁止なのにそこまでしたいのかね・・・( ゚Д゚)ポカーン

他に気になったのがタイヤウォーマーを使ってる人が結構居たのに驚いた。
今回の指定タイヤはスーパードリフトタイヤ。いわゆるポリ管ですよ?
暖めるとグリップするのかね???
少し前に2ちゃんのタミグラスレで話が上がってたけどネタかと思ってただけに衝撃だった。
当然ながら俺にはそんな装備もなくただ( ゚Д゚)ポカーンとするのみ。

そんなこんなで先に走っていたタムギアの予選1ヒートが終了。
ストチャレDの予選1ヒートが始まった。
まずは様子見と他の選手の走りをチェック。
すると1ヒート目と言う事もあるのかフラフラ走る人もチラホラ。
しかしレース自体がタイムアタックなので無駄にドリフトするような人は少なく、なるべく滑らせないような感じで走らせてる人が多かった。

( ´_ゝ`)フーン と思いながらもいつの間にか自分たちの番に。
ポンダーを取り付け、コースイン。お立ち台へ上がる。
・・・なんだか緊張してきた・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
緊張が解けぬままスタート。1コーナー侵入・・・アウト側へ接触(ノД`)
その後グダグダな感じでただただ走るのみ。気が付けば終わっていた。
駄目だコリャ・・・orz

気落ちしてる間もなくコースマーシャルに付く。
だが落ち込んだ気持ちは晴れることなく・・・(´・ω・`)

で予選1ヒート終了。
現時点では・・・70数名中52位(゜∀。)
マー坊さんは54位。こちらもイマイチだったようだ。

ここで二人とも再度セッティングを見直す。
まずはサスをフロント・黄色、リア・赤に変更。
車高をフロント7ミリ、リア7.5ミリに。
キャンバーもフロント-5度、リア-6度に変更してみた。

ちょうど昼休みでコースの端っこを使って調整確認が出来たので軽く走らせてみた。
・・・・トリムが合ってませんでしたwwwwそりゃフラつくってぇの。
サクっとトリム調整し走らせてみる。うん、さっきより良い感じ。これならもうちょっとマシに走れるかな?

そんなこんなで予選2ヒート目突入。
すると進行の方が「2ヒートからはドリフト走行が素晴らしい人にはハイパフォーマンス賞として決勝終了後にデモ走行してもらうのと商品としてボディをプレゼントします」とのアナウンス。
コレを聞いた俺&マー坊さんはもはや上位入賞は無理と判断し、ドリフトパフォーマンスに狙いを定める(w

で俺らの番。
今回は後列スタートだったのでマー坊さんと話を合わせスタートを遅らせる事に。
タイム重視の走りではなく、お得意のアングル重視のドリフトで頑張ってみた。
1ヒートよりも緊張せずに走れたが、それでもまだコースに慣れきってない為、思うように走れない。
だが終盤になるにつれ段々走れるようになり、最後の方には実況でゼッケンを読まれイイ感じに見て貰えたようだ。
で終了後。ハイパフォーマンス賞の発表があるので期待して待ってると保留との事。
どうやら甲乙決めがたいようで3ヒートに持ち越すとの事。



まだまだ続くよん

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/265-9514354d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。