スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリタイヤ自作(その3) 

予告通りまたドリタイヤを自作してみた。

kuroenbi01


今回は黒色のPV塩ビ管。
これをホイールサイズに合わせて幅を旋盤にてカット。その後塩ビの角を丸く削ってタイヤらしさを演出。
また塩ビの内径の角を落としホイールが嵌り込むようにしてみた。

で削ってみて気付いたけど、この黒色塩ビ、他の塩ビに比べると若干柔らかいようで比較的簡単に削る事が出来た。
って事は他の塩ビに比べてグリップ力が高いかも?と期待してみる。

取り付けるホイールはナイロン製の幅24ミリ、オフセット0の物を安く買えたのでそれを使用。
嵌める時に万力で挟むようにして塩ビ管に挿入した。
内径の角落としのお陰でかっちりと固定出来、瞬間接着剤も不要だった。

早速自宅に戻って、現状のHT管と交換し試走してみる。路面はアスファルト。
しばらくはHT管と同じような感覚で滑っていく。
しかし2パック目に入った頃にグリップ力が変わった感じがしてきた。
黒塩ビの表面をチェックしてみると表面が荒れてきている。この為グリップ力が上がってきたのかも。
お陰で直線でもスピードのノリが良くコントロール製もHT管と比べるとイイ感じ。

これは傑作かも?

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/14-13eee40c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。