スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキット走行後の補修。 

こないだの走行でダメージを受けた部分の補修。

まずはミニッツ。断線したモーター線を半田付け。
でもそのままじゃ次の走行でも断線するだろうと一工夫。

熱伸縮チューブで保護


電飾でよく使う熱伸縮チューブで保護してみた。
これで多少の振動では断線しないだろう。

ちなみに先日の走行で出来たボディの傷。

ボディのダメージ


実車でも傷つく場所に付いているのでなんかリアル(w

次の補修はTT-01のアンプ。電源落ちの原因を探ってみた。
しかしこないだの走行中には頻繁に電源が切れたのに今回はいくら配線を揺すっても切れない。
いつの間にか直ったようだ(ぉ
どうやっても再現されないのでそのまま放置(w

最後にプロポ。ホイラーの接触不良を探ってみる。
とりあえずバラバラにしてホイラー部分をチェック。
端子部はバラせなさそうな感じがしたのでホイール内部にミニッツのプラベアリングを薄く削った物を入れ、ホイラーのガタを取ってみた。

ホイラーのガタ取り


で元に戻して動作確認。ちょっとは良くなったかな?
とりあえずこれで様子見。

でバラしたついでにちょっとした改造を。
プロポから充電池を外さずに充電出来る工夫をしてみた。

電池ボックスにカプラー取付


先日のラジ天で購入したカプラーをプロポ内の電池ボックスに割り込ませてみた。
これで今使っているABCエキスパートチャージャーでプロポから充電池を外さないでも充電が出来るようにヽ(´ー`)ノ

この方法、実は他の上位機種では電池ボックスがカプラー接続されていて取り外し可能なんだけど俺が使っているMJではカプラーが無く電池ボックスも取り外し不可。
それに気付きちょっと改造してみました。これでMJでも上位機種と対等に(w

他のプロポで電池ボックスが外れないタイプをお使いの方、試してみてはどうでしょ?

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/131-a3b20f33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。