スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTA-R31サスペンションキットの取付(フロント編その2) 

スクドリコンバにとりあえず装着したOTA-R31サスペンションキット。通称31足。

先の記事でも書いたとおり、最大切れ角でステア周りが逆関節状態になり引っ掛かるので対策をする事に。
対策と言ってもステアリングワイパーのピロボールを延長するだけ。

ピロボール延長。

適当なビスにスペーサーを入れてピロナットで延長しました。
これで最大切れ角時のタイロッド角度が改善され、逆関節はほぼ解消されたと思います。

逆関節もほぼ解消。

それとトレッドが広がった事による影響が出た部分がもう1箇所。
それはユニバのワンウェイカップジョイントへの掛かりが浅くなってしまいました。

ユニバの掛かりが浅い・・・

ユニバのスイングシャフトを延長するのがベストなのでしょうが、今回はコレを取付。

TB-01強化フロントワンウェイ用カップジョイント。

TB-01強化フロントワンウェイ用カップジョイント
これはTA05用フロントワンウェイカップジョイントよりワンウェイへの挿入部が長く、スペーサーを入れて外に逃がしても使えます。

TB-01用が少し長い

これをシャーシに組み込むと少しマシになりました。

少しマシ?

とりあえず走行中に抜けることはないかな?
次はリア編です。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1064-d646d9bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。