スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイスのC33ローレル。 

先週よりボチボチとSRD-01用にボディ製作を始めました。

SRD-01はスパイス製シャーシと言う事もあり、ボディもスパイス製に。
今回選んだのはC33ローレルです。

スパイスC33ローレル

C33ローレルは俺の世代的にツボなんですよね。
個人的にはセフィーロよりローレルです(*´ω`*)

開封してボディを先にカットするんですが、カット前にお決まりの儀式を。

刃を折ってから。

カッターの刃先を折るだけですがw
でも切れ味の悪いカッターでは上手くカット出来ないので儀式的に毎回折ってからボディをカットしています。

ボディカットは集中力勝負。
焦らず慎重に集中して息を飲むようにカットします。
今回は何とか失敗せずにカット出来ました。

その後ボディポストの穴開けを行いましたが、今回はフロント側は以前K's Design Worksさんから提供頂いたマグネットボディアタッチメントを使用するため穴は開けずリア側のみ開ける事に。

SRD-01シャーシにボディを被せ位置を目測で確認しマーキング。

ボディポスト位置をマーキング。

その上でボディリーマで穴開け。
大きくなりすぎないよう慎重に開けます。
穴開け後に再びシャーシに乗せて穴位置を確認すると・・・少しリア寄りに開けてしまったようでタイヤがリアバンパーに当たりそう(´ε`;)ウーン…
止むを得ずポスト穴を長穴にして対処。カッコ悪いですね(´・ω・`)

長穴に・・・

ちなみにSRD-01シャーシにオフ+6のホイール装着でこのC33ローレルを乗せるとこの位はみ出します。

オフ+6でこれだけハミタイ。

ホイールオフセットは+3位がちょうどイイ感じです。
ホイール買い直さないと・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1039-62f6c386

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。