スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタークーラーをよりリアルに。 

昨夜は久しぶりにラジコンメンテをしてみたり。

折れたSRD-01のアッパーアームを交換したり各部調整。
アッパーアームは4本のうち2本曲がってて今回全てヨコモのスチール製に交換。これで少々の事じゃ折れないでしょ。

その後は以前買っていたこのヨコモのインタークーラーに小加工してみました。



このインタークーラー。プラ製で銀色の成形色なんでリアルさに欠けるんですよね。
そこで手持ちのプラカラーを使って墨入れを実施。
筆でコア部分を黒く塗り、乾く前に拭き取ります。するとコア部分の奥は拭き取れないので簡単に墨入れが出来ちゃいます。
拭き取る際に上手く拭き取れなかった場合はタミヤのプレペイントクリーナーを使うと綺麗に取れます。

で出来上がったのがコチラ。



良い感じになりました( ※ ´Д`)
シリコンホース部分は塗装ではなく青い熱伸縮チューブを使ってます。質感もシリコンホースに似ててリアルですよ。

お試しあれ♪( ´▽`)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1033-f396deea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。